テックアカデミー Webデザインコースをレビュー【評判/カリキュラム解説】

テックアカデミーの「Webデザインコース」ってどんなコースだろう?
マツカワ
  • コースの特徴
  • 学習内容
  • 受講時に気をつけておくべきポイント
  • 受講生の実際の口コミ
  • どんな人におすすめか

プロのWebクリエイターの視点から「Webデザインコース」をレビューしていきます。
 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

商品・サービスの内容は記事執筆時点のもので変更される場合があります。
最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

目次

Webデザインコース 早わかり表

受講期間 4週間 / 8週間 / 12週間 / 16週間
料金 4週間:174,900円
学割:163,900円
8週間:229,900円
学割:196,900円
12週間:284,900円
学割:229,900円
16週間:339,900円
学割:262,900円
学習内容 Webサイト一式のデザインと構築(コーディング)を学習
学習サポート 週2回マンツーマン・メンタリング
チャットサポート
フリーランス・副業支援 テックアカデミーワークス
就職・転職支援 テックアカデミーキャリア
その他 受講期間終了後も無期限で教材閲覧可(アップデート版の提供可)
Adobe Creative Cloud コンプリートプラン3ヶ月間無料

Webデザインコースの特徴

Webデザインコースの主な特徴は3つ。

  • オリジナルサイト制作まである濃密カリキュラム
  • サポート付きで実案件を紹介してくれるTechAcademyワークス
  • Adobe Creative Cloud コンプリートプラン3ヶ月間の無料利用

順番に解説していきます。

カリキュラムの最後にオリジナルサイトを制作できる!

テックアカデミー卒業生のWebサイト作品例
画像はTechAcademy Webデザインコースより

Webデザインコースのカリキュラムの最後にはオリジナルサイトの制作があります。

自分で企画・設計をして、デザインを考え、コーディングをして公開と、Webサイト制作の一連の流れを経験できます。

自分でイチからWebサイトを作り上げられるスキルは、Webデザイナーになるためにまず最初に目指すべき目標点と言えます。

自分でサイトを作れるようになれば、そこから先は色々なサイトを作ることでスキルアップしていけます。

オリジナルサイトの制作はカリキュラムに含まれないスクールもありますが、テックアカデミーのWebデザインコースには含まれています。

マツカワ
その分難易度は高くなるので覚悟して臨みましょう。Webデザインコースのカリキュラムについては後述します。

メンターサポート付きで実案件を紹介してくれる!

テックアカデミーワークスの仕組み
画像はTechAcademy Webデザインコースより

実力判定テストに合格した人はテックアカデミーワークスを利用できます。

テックアカデミーワークスは実案件を紹介してくれるテックアカデミー受講生のためのアウトソーシングサービス(クラウドソーシングサービス)です。

案件は納品まで現役デザイナー・エンジニアのメンターがサポートしてくれるので、安心して実務に取り組めます。

実案件なので報酬も貰ええます。

実案件を紹介してくれるなんてすごいですね!
でも「実力判定テストが難し過ぎて合格できない」なんてオチじゃないですよね?
マツカワ
実力判定テストはカリキュラムを理解していれば合格できる内容です。

企業から案件を多数獲得してきており、受講生に紹介できる仕組みが整っています。

テックアカデミーワークスについて詳しく知りたい人は『テックアカデミーワークスで副業で稼ごう【未経験からの最短ルート】』をご覧ください。

テックアカデミーワークスで副業で稼ごう【未経験からの最短ルート】
テックアカデミー受講生なら無料で利用できるTechAcademyワークス。その概要や仕組み。特徴とメリット、利用の流れ、案件例、実際の口コミ・評判など徹底的に解説します。

Adobe Creative Cloud コンプリートプランが3ヶ月無料で利用できる!

Webデザインコースでは、Adobe Photoshop ソフトを使います。

本来ソフトは有料ですが、Adobe社の提供でテックアカデミー受講生はAdobe Creative Cloud コンプリートプランを3ヶ月間無料で利用できます。(対象コースのみ、Webデザインコースは対象)

Webデザイナーとして活動するにはAdobeソフトは必携ですが、少なくともテックアカデミー受講中(12週間プランまで)はAdobeソフトを自前で購入しなくてOKです。

もし万が一Webデザイン勉強途中で挫折してしまった場合でも、最悪Adobeソフトの使用料は無駄にせずに済みます。(12週間プランまで)

ただし、テックアカデミーの他のコースで既に同特典を利用している場合は再度特典を利用できません。

余談ですが、Adobeソフトを購入するタイミングが来たらデジハリONLINE Adobeマスター講座を利用するのがおすすめです。

使い方を学べる通信講座の名目で、Adobe CC コンプリートプランが定価の約半額ほどの金額で購入できます。

 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

カリキュラム解説

はじめての副業コースではどんなことを学ぶの?
マツカワ
Webデザインコースでは4つのサイトを作りながら、デザイン・コーディングの練習をしていきます。
  • Lesson 0 事前準備
  • Lesson 1 Webデザインの概要
  • Lesson 2 Webデザインの原則
  • Lesson 3 制作フロー
  • Lesson 4 デザインツール
  • Lesson 5 デザインカンプ
  • Lesson 6 HTML/CSS基礎
  • Lesson 7 Webページのレイアウト
  • Lesson 8 ポートフォリオ:コーディング
  • Lesson 9 jQuery
  • Lesson 10 モバイルデザイン
  • Lesson 11  ターミナルコマンド
  • Lesson 12 Sass
  • Lesson 13 コーポレートサイト
  • Lesson 14 ショップサイト
  • Lesson 15 最終課題

Lesson 0〜3 Webデザインの基礎学習

イントロダクションに始まり、Webデザインの原則(Webレイアウト、配色、タイポグラフィ等)とWebサイト制作の全体の流れ・工程について理解します。

Lesson 4〜5 デザインツールの使い方とデザインカンプ作成

Photoshopでの画像加工、Cacooでのワイヤーフレーム制作を通じてツールの使い方を学び、ポートフォリオサイトを題材としてデザインカンプ(デザイン完成見本)を作成していきます。

マツカワ
Photoshopは非常に奥が深く極端に言うと何でもできちゃう画像編集ソフトです。追求しようと思えばいくらでも追求できます。
まずはカリキュラムをこなす上で必要な範囲をしっかり身につけましょう。

Lesson 6〜10 コーディング学習

続いて、コーディング学習に移ります。

  • HTML・CSSの基礎学習
  • CSSフレックス手法によるレイアウト組み
  • デザインカンプからコーディングをする方法
  • jQuery
  • レスポンシブWebデザイン(モバイルサイト対応)

上記内容を一気に学んでいきます。

コーディング→ ブラウザで表示 → 思ったように表示されない → コード修正 → 意図通りに表示

そんな風にミスをたくさん経験しながらも、トライ&エラーを繰り返していくことでコーディングスキルが身についていきます。

マツカワ
とにかくコードをたくさん書くことが上達の近道。
失敗しながらも徐々にWebページが出来上がっていくプロセスは楽しいですよ。

Lesson 11〜12 コマンドラインとSass

現代のコーディング業務ではSass(サス)が使われることが多くなってきました。

SassとはCSSの拡張言語で、つまるところ、CSSを効率的に書けて後々のメンテナンスもしやすくなる記述方式です。

Sassで書いたコードは、最終的に通常のCSS形式にコンパイル(変換)しなければなりませんが、コンパイルするにはコマンドラインでの操作が必要になります。

Macのターミナル画面

コマンドラインとはCUI(character user interface)による処理のことです。(テキスト入力だけで処理を実行する昔ながらの操作)

Windowsではコマンドプロンプト、Mac・Linuxはターミナルというツールを使います。

マツカワ
一見とっつきにくそうですがコマンドラインをマスターするわけではないのでSassの環境構築ができればひとまずOKです。

Lesson 13〜14 サイト制作実践

コーポレートサイト・ショップサイトを作りながら実践的な制作工程を身体で覚えていきます。

コーポレートサイトはサンプルサイトの模写をしながらサイト設計・デザイン・コーディングの実践を学びます。

ブラウザのデベロッパーツール等を駆使して他のサイトから分析する方法がわかります。

ショップサイトでは、デザインカンプだけを頼りにコーディングをしてサイトを完成させます。

デザインカンプ(完成見本)からのコーディング作業は実務そのものです。

マツカワ
カリキュラムのレベルもグンと上がってきます。

Lesson 15 オリジナルサイト制作

最終課題はオリジナルサイトの制作です。

「どんなサイトを作るか」というところから自分で企画し、サイトの設計、デザイン、コーディングと一連のプロセスを経験していきます。

もちろん制作物はポートフォリオとして使えます。

マツカワ
カリキュラムを総括すると、結構幅広く内容が詰め込まれていることがわかりますね。中々ハードなので覚悟を持って臨んでください。
ちなみに、バージョン管理ツール「Git」の基礎を学ぶ教材が特典(おまけ)で付いてきます。カリキュラム修了後に任意のタイミングで学習しましょう。

身につくスキル

テックアカデミー「Webデザインコース」で身につくスキルをおさらいします。

  • レイアウト・配色・タイポグラフィ、Webデザイン原則
  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • 画像加工・ワイヤーフレームの理解
  • モバイルデザインの理解とレスポンシブデザイン対応
  • jQuery・Sassによる効率的な制作
  • オリジナルWebサイトのデザインスキル
テックアカデミー『Webデザインコース』より
 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

Webデザインコースの学習時間の目安

Webデザインコースの想定学習時間は160時間に設定されています。

4週間〜16週間のプランがありますが、受講期間ごとの学習ペースは以下の表のパターンが考えられます。

期間 (プラン) 学習時間目安
4週間 毎日6〜7時間
8週間 毎日3〜4時間
平日2時間、土日5〜7時間
12週間 毎日3時間
平日2時間、土日3〜4時間
平日1時間、土日5〜6時間
16週間 毎日2時間
平日1時間、土日3時間

カリキュラムの学習スケジュール

続いて、学習内容ごとの時間配分としては以下の表のようなイメージです。

12週間プランにおけるカリキュラム時間配分例
学習範囲 学習時間配分
Lesson 0〜3 Webデザインの基礎学習 3〜5日程度
Lesson 4〜5 デザインツールの使い方とデザインカンプ作成 1週間〜10日程度
Lesson 6〜12 コーディング学習・コマンドライン・Sass 2〜3週間程度
Lesson 13〜14 サイト制作実践 3〜4週間程度
Lesson 15 オリジナルサイト制作 3〜4週間程度

実際には160時間以上の学習時間が必要?

これまでにWebデザインの勉強を全くしたことがない人(これからWebデザインの勉強を始める人)、入門レベルの学習までの人であれば、160時間でカリキュラムを最後まで進めるのは難しいかもしれません。

短期間で効率よくWebデザインを学習するわけなので、その分学習の負荷も高くなります。

実際にWebデザインコースのカリキュラムは難しいと感じる人も多い(口コミへ移動)ようです。

多少余分に時間を見積もっておくとよいでしょう。

あらかじめ予習しておこう

申込みをして入金が完了すれば、受講開始日前であっても教材を閲覧できるので、その期間を使って事前に予習しておくとよいでしょう。

Progateなどの学習サイト、書籍Udemyの教材を併用して予習するのもおすすめです。

マツカワ
Webデザインコースのカリキュラムの目玉は後半のサイト制作を中心とした課題です。
より多くの時間を課題に当てるためにも前半の基礎学習をスムースに進めたいところです。
受講開始後は予習でわからなかったところを重点的に教えてもらえば効率的に進められそうですね。

先割でチャットサポートが+1週間

1ヶ月程度先の受講でもよいなら、先割を利用するのもよいでしょう。

先割とは、受講開始日から4週間以上前に申し込むことで受講料が5%OFFになる割引制度です。(12週間以上のプランが対象)

先割の別の特典として、受講開始の7日前からチャットサポートを利用できる特典があります。

1週間分多くチャットサポートを使えるので、その期間にカリキュラム前半のできるところまで進めてしまうのも1つの方法ですね。

※先割はキャンペーンや他の割引との併用はできません。12週間以上の受講プランが先割の対象で、学割との併用はOKです。

必ず最後までカリキュラムを終わらせよう

カリキュラムの後半に行くほど実践的で仕事に活かせるスキルが身につきます。

ですので、カリキュラムは必ず最後まで終わらせる覚悟で臨みましょう。

最後まで終わらせることで、それが自信や達成感にも繋がっていきます。

また、テックアカデミーワークスの実力判定テストに合格するにはカリキュラム修了程度の理解力が必要となるので、その意味でもカリキュラムを最後までやり切りたいところです。

補足ですが、4週間75,900円でチャットやメンターサポートを追加(期間を延長)できます。(教材は追加料金無くずっと見れます。)

マツカワ
最終課題のオリジナルサイト制作はぜひメンターのサポートを受けながら取り組んでほしいです。なぜなら初めてのオリジナルサイト制作では勝手がわからず戸惑うこともあるからです。
1つでもサイトを作った経験があれば、同じ要領でて自分一人でも作品を作っていけるでしょう。
 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

Webデザインコースを受講すれば本当に稼げるようになるのか?

Webデザインコースを完走すれば本当に稼げるようになりますか?
マツカワ
Webデザインの案件はたくさんあるので「そもそも仕事の母数が少ない…」ということはないでしょう。ただし、稼げるかどうかは結局のところ、自分の行動次第です。

フリーランス・副業で稼ぐには2つのスキルが必要です。

  • 制作スキル
  • 営業スキル

制作スキルは文字通り、Webサイトを構築するスキルです。

Webデザインコースで学べばWebデザイナーとしてのスタートラインのスキルは身についているはずです。

あとは、実際にサイトを作る経験を重ねていくことでよりスキルが磨かれていきます。

マツカワ
卒業後にバナーやサイトをどんどん作って訓練することは不可欠です。
デザインもコーディングもスポーツみたいなもので、イメージを形にするには日々の練習が物を言います。
だからこそ、培ってきたスキルに価値が生まれるし、お金に変わっていきます。

営業スキルは仕事を獲ってくるスキルです。

今の時代、ネット上で仕事の受発注が成立する時代です。

したがって、クラウドソーシング・SNS・メール等から仕事に繋げていくのも立派な営業スキルです。

別に飛び込み営業のスキルが必要という話ではありません。

テックアカデミーワークスでサポートを受けながら初案件に取り組む

TechAcademyワークス
そもそも実績がないので仕事が獲れなさそうだし、自分一人で対応できるのか不安もあります…
マツカワ
未経験からフリーランスや副業を始めるには最初の一歩が最もハードルが高いですよね。そのハードルを下げてくれるのがテックアカデミーワークスです。

テックアカデミーワークスはメンターのサポートを受けながら実案件に取り組めます。(要テスト合格)

精神的なプレッシャーもかなり軽減できるでしょう。

お世辞抜きでフリーランス・副業志望者にとって最適なサービスだと思います。

なお、テックアカデミーワークスについて詳しく知りたい人は『テックアカデミーワークスで副業で稼ごう【未経験からの最短ルート】』をご覧ください。

テックアカデミーワークスで副業で稼ごう【未経験からの最短ルート】
テックアカデミー受講生なら無料で利用できるTechAcademyワークス。その概要や仕組み。特徴とメリット、利用の流れ、案件例、実際の口コミ・評判など徹底的に解説します。

Webデザインコースを受講すれば就職・転職できるのか?

Webデザイナーとして就職(転職)できますか?

マツカワ
Webデザイナーへの転職に重要なのはポートフォリオです。
ポートフォリオに全力を注ぎましょう。

Webデザイナーとして転職するにはポートフォリオが必須です。

そして、ポートフォリオを準備するには自力でWebサイトを作れるだけのスキルが必要です。

ここまで解説してきたとおり、Webデザインコースの最終課題はオリジナルサイト制作なので、カリキュラムを修了すればポートフォリオの作品も自力で作っていけるはずです。(課題の作品もポートフォリオに含めてOK)

その意味では、Webデザインコース受講後に就職(転職)できると言えるでしょう。

一方で、Webデザインコース受講後に作品も作らず自己研鑽を怠ればWebデザイナーにはなれないでしょう。

よって、最終的には自分の行動次第としか言えないのです。

マツカワ
当然ですが「テックアカデミーで学んできたので雇ってください」では通用しません。
しっかりとポートフォリオを準備して就職(転職)活動をしていかなければWebデザイナーになれません。
このプロセスはどのスクールに通っても原則同じです。

テックアカデミーキャリアで企業からスカウトのオファーが届く

TechAcademyキャリア

テックアカデミーにはTechAcademyキャリアというキャリアサポートがあります。

利用は自由、登録すると企業からのスカウトが届いたりコンサルタントから求人を紹介してもらえます。

テックアカデミーでの学習状況が共有されるため、テックアカデミーの学習を頑張ることがそのまま自分のアピールに繋がっていきます。

ただし、テックアカデミーキャリアの求人はその大半がエンジニア求人であるため、Webデザイナー職の求人については期待し過ぎない方がよいでしょう。

転職エージェント等を併用して自分でも仕事を探しましょう。

もしスクールの就職・転職支援サービスを重視してスクールを探しているのであれば、他のWebデザインスクールを選んだほうがよいかもしれません。

キャリアサポートが充実しているスクールは『転職・就職支援で選ぶWebデザインスクール5選【未経験サポート充実】』で紹介しいるので参考にしてみてください。

 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

Webデザインコースの評判・口コミ

テックアカデミー「Webデザインコース」受講生の評判はどうでしょうか? 口コミを紹介します。

メンタリングではプラスアルファのことまで教えてもらえる

スクールに通う1番のメリットはなんと言っても「質問できる環境」ですね。

テックアカデミーのメンターは現役のデザイナー・エンジニアなので、初心者からのどんな質問でも答えられるだけの経験・スキルがあるでしょう。

週2回のメンタリングは進捗管理の役割もあるため「勉強しなければ…」という強制力も働きます。

質問しても答えを教えてくれない

質問してもダイレクトな答えそのものを教えてくれないことがあります。

一見するとサポートに矛盾を感じるかもしれませんが「わからなければすぐに聞く」という行動パターンだけだと自走力が身につかないため、意図的にヒントで答えているのです。

マツカワ
Webデザイナーになってからは自己解決力が求められます。サポートを活用しつつ自分で調べて解決できる「当て勘」も少しずつ養っていきたいものです。

チャットサポートのレスポンスが速い

テックアカデミーのチャットサポートは回答の速さに定評があります。

回答が早ければほぼリアルタイムで進められます。

学習を停滞させない意味でレスポンスの速さは重要ですね。

カリキュラムが難しい

Webデザインコースのカリキュラムは結構難しいです。

特に後半は学んできたことを総動員して課題に取り組むので、難易度も高くなってきます。

普通に考えて、3ヶ月そこらでWebサイトを自作できるようになるのは結構凄いことなんです。

Webデザインと一口に言ってもカバーする分野は広く、それがカリキュラムに凝縮して詰め込まれているため、頭がパンパンになるのも無理ありません。

裏を返すと、実務をこなすには最低でもカリキュラムをクリアできるだけのスキルが必要ということです。

マツカワ
とりあえず頑張って喰らい付いていくことを目指しましょう。それで十分凄いです。

時間がかかる

カリキュラムの難易度とも連動しますが、テックアカデミーで想定している学習時間160時間で最後までやり切るのは厳しいかもしれません。(『Webデザインコースの学習時間の目安』参照)

そしてそれは自分だけの話ではないので、もしそうなっても自信を失くさないでください。

マツカワ
受講期間中に終わらなかったとしてもカリキュラムは必ずやり切りましょう。
 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

Webデザインコースと他のコースの比較

テックアカデミーにはWebデザインに関連するコースが他にもあります。

  • はじめての副業コース
  • デザイン実践ポートフォリオコース
  • Webデザインフリーランスコース
  • フロントエンドコース

上記コースとWebデザインコースの違いについて解説します。

はじめての副業コースとの違い

テックアカデミー はじめての副業コース

はじめての副業コースは、Web制作で副業をするために必要なスキルを身につけるコースです。

学習内容はコーディング中心(HTML・CSS、JavaScript)です。

デザインの学習もありますが比率としては少なくなります。

Webデザインコースのようにオリジナルのサイトをデザインするといったカリキュラムもありません。

はじめての副業コースのゴール設定は「デザインカンプからコーディングができるようになる」ことです。(コーダー業務)

コーディングにフォーカスすることで、副業目的でも始めやすいようにチューニングされています。

» はじめての副業コース

マツカワ
デザインよりもコーディングを学びたい人、副業目的で学習の負荷を少し下げたい人などは「はじめての副業コース」が適しているでしょう。コースの詳細は別記事で解説しているのでご覧ください。
テックアカデミー はじめての副業コースをレビュー【評判/カリキュラム解説】
テックアカデミーのはじめての副業コースを完全解説。コースの特徴、カリキュラム内容、受講時に気をつけておくべきポイント、受講生の実際の評判、どんな人におすすめなのか。プロのWebデザ…

Webデザインフリーランスコースとの違い

テックアカデミー Webデザインフリーランスコース

Webデザインフリーランスコースは、テックアカデミーワークスやクラウドワークスを利用して実案件をこなすことで実践力を養っていくコースです。

メンターに案件の取り組み方をサポートしてもらうので、要は、OJT(On the Job Training)のイメージです。

CrowdWorks(クラウドワークス)とも連携していて、クラウドソーシングのためのプロフィール作成や案件リサーチ方法等を学ぶグループワークの『クラウドコーチプログラム』にも取り組みます。

「Webデザインコース」が基礎からWebデザインを学ぶコースなのに対し、実務の経験値を積んでいくコースが「Webデザインフリーランスコース」という位置付けです。

基礎が身についていることが前提のコースで、受講するには実力判定テストに合格する必要があります。

オリジナルのWebサイトを制作したことがあるという参加条件もあります。

» Webデザインフリーランスコース

Webデザインコースとデザイン実践ポートフォリオコースと3コースがセットになったWebデザインフリーランスセットもあります。(単コース合計より55,000円お得)

マツカワ
未経験からフリーランス・副業を始めるにあたって自信を持って独り立ちしたい人はWebデザインフリーランスコースで訓練してもらうとよいでしょう。

デザイン実践ポートフォリオコースとの違い

テックアカデミー デザイン実践ポートフォリオコース

デザイン実践ポートフォリオコースは、デザインのスキルアップを目指すコースです。

コーディングは行わず純粋にデザインに特化しています。

バナーやWebページの設計を実務に近い流れでトレーニングしていきます。

Photoshopの基本操作はできることが前提なので、全くの初心者向けではありません。

» デザイン実践ポートフォリオコース

WebデザインコースとWebデザインフリーランスコースと3コースがセットになったWebデザインフリーランスセットもあります。(単コース合計より55,000円お得)

マツカワ
デザインを上達させるには手を動かす以外に無く、最も効率よく上達するにはプロのデザイナーに自分のデザインを評価してもらうことです。
デザインに自信をつけたい人は検討してみるとよいでしょう。

フロントエンドコースとの違い

テックアカデミー フロントエンドコース

フロントエンドコースはJavaScriptを学ぶコースです。

オーソドックスなWebサイトに動きを付けるような実装から、もう一歩踏み込んでWebサービスの開発やAPI活用まで学びます。

デザインは学びません。

» フロントエンドコース

マツカワ
本格的なコーディングスキルを身につけたい人やJavaScriptエンジニアを目指したい人の入門として適しているでしょう。
 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

結論、Webデザインコースはどんな人におすすめか?

ここまで解説してきた内容を踏まえて、Webデザインコースがおすすめの人とおすすめしない人についてまとめてみました。

Webデザインコースが適している人 Webデザインコースが適していない人
  • 自分一人でWebサイトをイチから作れるようになりたい人
  • Webデザイナーになりたい人
  • リーズナブルなプログラミングスクールを探している人
  • 短期集中で学びたい人
  • 企業への就職・転職がしたい人
  • 副業・フリーランスを目指す人
  • デザインに興味がない人
  • コーディングだけ学びたい人
  • コーダー・エンジニアを目指す人
  • Webデザイナーへの就職・転職サポート(テックアカデミーキャリア)が目当ての人

無料体験/無料メンター相談に参加してみよう

テックアカデミーでは無料体験プログラムが用意されています。

無料体験学習ではテックアカデミーの実際の学習システムを体験できます。

  • 教材
  • チャットサポート
  • カウンセリング

無料体験用の教材はWeb制作の超入門(イントロダクション)的な内容です。(無料体験の内容を知りたい人は『テックアカデミーの無料体験を受けてみたらWeb制作の超入門だった』をご覧ください。)

カウンセリングでは、メンターと一対一で話せます。
つまりメンタリングの体験版です。

スクールに関することはもちろん、キャリア相談など何でも相談できます。

カウンセリングしてもらうメンターも選べるので、自分が目指すキャリアに近い人から選ぶとよいでしょう。

手っ取り早くカウンセリングをしてもらいたければ無料メンター相談から申し込めます。

スマホでもOK、当日1時間後 (8:00〜24:00) から予約ができます。

メンター相談を利用すると500円分のAmazonギフト券も貰えます。

さらに受講料1万円引きクーポンもGETできます。(無料説明会動画への参加でも同じクーポンを入手できます。)

無料メンター相談を申し込んでも体験プログラムが付いてきます。
つまり、無料体験プログラムと無料メンター相談は入り口こそ違いますが、体験できる内容は結果的に同じです。

いずれも無理な勧誘等は無いので安心してください。

マツカワ
ちょっとでも疑問があれば遠慮なく質問して不明点は全てクリアにしておきましょう。
 
 \ サポート付きで実務経験もできる! /
» Webデザインコース 公式サイトで見る

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る