【プロが教える】Webデザイナーに最適なパソコンの選び方とおすすめ機種

Webデザイナーにとってなくてはならない相棒と言えば、パソコンですよね。

業務の大半はパソコンに向かって作業をするため、使用するマシンによって仕事の質そのものが大きく変わってきます。

Web制作ではどのようなパソコン環境を準備すればよいのでしょうか?

Webデザイナーに合ったパソコンの選び方とおすすめ機種について紹介します。

マツカワ
Webデザイナーが実際にどうやってパソコンを選ぶのか、プロの視点をどこよりも詳しく解説します。

Webデザイン用パソコン選びのポイント

Web制作に使うパソコンは、次の2通りの選び方ができます。

最低限必要なスペックに絞って価格重視で選ぶ

まずは最低限必要なスペックに絞って、なるべく安く購入したい人向けの選び方です。

上記ポイントを押さえれば、問題なくWebデザインに使えます。

予算の目安は〜10万円前後です。

マツカワ
リンクをクリックして各ポイント解説にジャンプできます。

プロのWebデザイナーが使うような快適性重視のスペックで選ぶ

プロのWebデザイナーが使っているような快適な作業環境を手に入れ、長く使っていきたい人向けの選び方です。

最低限必要なスペックで紹介した内容に加えて、次のポイントもチェックしましょう。

予算の目安は15〜30万くらいです。

マツカワ
プロのWebデザイナーが使っているマシンに多く共通しているポイントです。最初から拘らなくてもOKですが、参考までに知っておいても損はありません。

次項から各ポイントごとに詳しく解説していきますが、すぐにおすすめのパソコン製品を知りたい人はこちらをクリックしてスキップしてください。

Webデザイン(Web制作)に最低限必要なスペック

まずは最低限理解しておくべきパソコンの3つのスペック確認しましょう。

CPU

CPU

CPUというのは、パソコンの処理能力(演算能力)を決めるパーツです。

人間で言うと、頭脳(頭の良さや仕事の速さのイメージ)に例えられます。

CPUは Intel core i5 以上を推奨します。

ちなみに、core i5 の下位クラスが core i3、上位クラスが core i7 となります。

core i7は動画編集やゲームなどで使えるレベルのCPUなので、Webデザインに限って言えば、そこまでのスペックは必要ないでしょう。

マツカワ
Web制作以上に重たい処理をするなら core i7 にしておくとよいでしょう。

メモリ

メモリ

メモリの容量は特に重要です。
少し贅沢にしてほしいところです。

推奨は16GB以上です。
8GBだと個人的には少し心配です。
快適さを維持できるように16GBを用意してしまいましょう。

メモリは机に例えられます。

容量の大きいメモリのイメージ絵。スペースが広いと複数の情報にスピーディにアクセスでき処理も早くできる。

机が広いと書類をたくさん広げたままでも置いておくことができ、必要な時に必要なデータをすぐに見つけることができます。

容量の少ないメモリのイメージ絵。狭いスペースでの処理は必要な情報へのアクセスに時間がかかり作業効率が落ちる。

逆に、机が狭いと、ある書類を広げて使ったら、それを一旦閉じて次の書類を広げ、それが終わったらまた閉じて別の書類を広げて… というように処理していかないと机から溢れてしまいますね。

これと同じことがメモリに言えます。

アプリケーションが同時に起ち上がっていても、すぐに切り替えて作業できるようにしてくれるのがメモリの役割です。

よって、ブラウザ、グラフィックソフト、オーサリングソフトなど、複数のアプリケーションやデータを並行して処理するWebデザイン業務では、メモリが特に重要なのです。

余談ですが、動画編集ではさらに大きなデータを扱うため、32GB以上のメモリが推奨されます。

ストレージ (SSD, HDD)

SSDストレージ

PC本体のストレージはSSDにしましょう。

HDDよりもSSDの方が読み書きの速度が速く、サクサク動きます。

ストレージは机の引き出し(収納スペース)にあたります。

ストレージの容量は256GB以上あると安心です。

デザインデータや画像素材などを保存していくと、意外と容量を食います。

とは言え、終了した案件など使用頻度の少ないデータはHDDを増設して保存しておけばよいので、マシン本体のSSD容量は無理に増やさなくても大丈夫です。

外付けHDDが1TBで1万円とかからずに購入できる時代です。

マツカワ
少しお金がかかりますがクラウドストレージやNASをストレージとして使うのも便利です。いずれも無線で外出先からでもファイルにアクセスできます。(通信量に注意)

デスクトップとノートパソコンはどちらがよいか?

使い方に合わせて選択しましょう。

基本的に、デザイン作業は大きい画面の方が効率的に作業できます。

ですので、作業効率や快適性を求めるならデスクトップ型です。

料金や拡張性などもノートよりデスクトップにアドバンテージがあります。

ノート型の良さは持ち運びができてどこでも作業ができる、この一点につきます。

パソコンを持ち出して作業することがあるならノートを選択します。

「持ち運ぶかどうか今のところハッキリしない」場合も、ノートにしておく方が無難です。

マツカワ
Webデザインはマシンの負荷も少ないのでメインマシンとしてノートパソコンを選ぶ人も多いですね。

ノートパソコンの画面サイズは?

外部モニターに繋がず、ノートパソコンのみでの作業も多めなら、ノートは15インチ以上をおすすめします。

13インチメインの作業環境はかなり厳しい印象です。

「普段はモニターに繋いで(あるいはデスクトップで)作業するがたまに持ち出して作業する」なら、13インチを選んでもよいでしょう。

マツカワ
私個人の意見としては、クリエイターにとって13インチはモバイル用途限定です。13インチならモニターも2台繋ぎたいくらいです。

WindowsとMacのどちらがよいのか?

WindowsとMac

Webデザイナーに興味のある人に『パソコンはWindowsとMacのどちらがよいのか』という質問を受けることがよくあります。

結論としては、WindowsとMac、どちらでも好きな方を使ってかまいません。

どちらでもWeb制作業務はできます。

コスパ重視ならWindowsです。

WindowsとMacの比較については別記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

WebデザイナーのためのMacとWindows比較ガイド
WebデザイナーはMacとWindowsのどちらを使うべきか? Webデザイナーになりたい初心者の方に必ずと言っていいほど聞かれる質問です。MacとWindowsの何が違うのか、W…

GPU(グラフィックボード)は無くてもよいがあると安心

GPU
マツカワ
ここからはプロのWebデザイナー向けのパソコン選びを解説していきます。
コスパ重視でパソコンをお探しの方は補足情報としてご覧ください。
おすすめのパソコン機種を知りたい人はこちらからスキップ。

GPUとは、いわばグラフィック専用のCPUで、映像を綺麗に滑らかに描画するためのチップです。

グラフィックボードとは、GPUの付いたパーツのことで、ビデオカードなどとも呼ばれます。

CPUには、GPUが内蔵されているものもあり(インテルUHDグラフィックス等)、その場合は別途GPUを搭載しなくても映像を写すことができます。

CPU内蔵のものではないGPUを「独立GPU」と言いますが、ここで言及しているのは独立GPUのことです。グラフィックボードも同義と考えてください。

ローエンドモデルや一般用途のノートパソコンには内蔵GPUのみの製品も多くあります。

動画編集やゲームなど負荷のかかる映像処理をしたい場合、内蔵GPUでは不十分なため、独立GPU(グラフィックボード)を搭載します。

Webデザイン業務においては、強いて言えば「Photoshopの使い方によってはGPUの有無で差が出ることもあり得る」くらいのイメージです。

よって、Webデザイン用途において独立GPUは必須では無く、メモリやCPUに比べてもその効果がわかりづらいかもしれません。

「あれば尚良し」くらいなので、優先度は低く、搭載するにしても下位クラスOKです。

また、4Kなどの高解像度の描画や複数のディスプレイをを描画したい時はGPUがあるとより安心ではあります。

ディスプレイモニターのサイズは? デュアルモニターは必要?

デスクトップ型のパソコンなら、当然ディスプレイ用のモニターが必要ですね。

サイズは23〜27インチ程度が一般的ですね。

より快適な作業環境を求めるなら、デュアルディスプレイがおすすめです。

ノートパソコンの場合は、外部モニターが1つあれば、デュアルディスプレイ環境にできます。

「片方のモニターはコードを書き、もう片方のデザインを確認する」というよう使えるので、作業効率はかなり変わってきます。

デュアルディスプレイにする場合、片方は(もしくは両方)ピボット機能のついたモニターもおすすめです。

ピボット機能とは、モニターを回転させて縦長に表示させる機能です。

ソースコードを確認する時に重宝します。
Webページは縦長なのでデザインを確認する時も、一度に表示できる領域が多くなります。

デュアルディスプレイにするかは、後々検討してもよいでしょう。

2台並べる時の設置スペースは考慮しておきましょう。

Webデザイナーにおすすめのディスプレイ・モニター【選び方からわかる】
Webデザインするならディスプレイ・モニターもこだわって選びたいところ。Webデザイナーにおすすめのモニター製品の紹介します。また、どんなモニターを選べばよいのか、ディスプレイの選…

Webデザイナーが扱うべき色域はsRGB

Webデザイナーが知っておきたいのがディスプレイの色域についてです。

色域(しきいき)とは、ディスプレイが表現できる色の領域のことです。

色域が広いとそれだけ色に深みが出せたり微妙な色合いを再現できたりと、色表現が豊かになります。

色域には様々な規格があります。

sRGB、Adobe RGB、NTSCなどはポピュラーなので聞いたことがあるかもしれません。
最近ではiPhoneなどのスマートフォンに採用されているDisplay P3も注目されています。

色域
画像はEIZO『大事なのは”正しい色”を表示できること――液晶ディスプレイの「色域」を理解しよう』より

上図で、色の付いている部分が人間が認識できる色の領域であり、三角形の部分が各規格ごとの色域です。

Web用の色域として標準的に用いられるのはsRGBの国際規格です。(青い三角形)

PhotoshopでWeb用のデザインカンプや画像を作成する時にsRGBのカラープロファイルを設定しますが、それがWeb標準の規格だからです。

Adobe RGBは写真や印刷物などよりシビアに色再現が求められる環境で使われ、NTSCはアナログテレビの色域です。

よって、Webデザイン用にはなるべくsRGBの色域を多くカバーしているディスプレイを用意するのがよいでしょう。

一般消費者向けのものや安価な製品だと、sRGBの色域を十分にカバーしていないディスプレイもあります。

個人的な感覚や経験値ではありますが、一般向けのディスプレイはsRGBカバー率が大体60〜70%程度です。

Webデザイナーであれば、もう少し広く(90%以上)sRGBをカバーしているディスプレイが望ましいです。

1つの目安として、「広色域」と謳われている製品はsRGBのカバー率が高めなので、そのような製品から選択するとよいでしょう。

なぜWebデザインでは色域について言及されることが少ないのか?

DTPやグラフィック分野に比べて、Webデザインにおける色域について言及されることは少ないです。

その理由は、Webデザインがモニター上で表現が完結する媒体だからです。

先述のとおり、一般ユーザーの多くは色域の狭いモニターでWebサイトを見ています。

そのため、デザイナー側が微妙な色表現にこだわったところで、ユーザー側の環境によっては意図通りに色が再現されるとは限らないからです。

よって、色域については気にし過ぎてもしょうがないというのは事実です。

しかしながら、Webデザイナーとして何を基準に色デザインすべきかと言えば、やはりsRGBの色域なのです。

まともなデザイナーで色域を全く気にしないという人はいないように思います。

マツカワ
複数ディスプレイの環境なら、sRGBカバー率の高いモニターは1つあればOKです。さらに言えば、色域の狭い(安い)モニターと1つずつあると、一般ユーザー環境ではどのような色味になるのか、その差をシミュレーションしやすくなります。

放熱性や堅牢性に優れた金属ボディは仕事使いでも安心

金属素材

WebデザインはそれほどPCに負荷のかかる作業はありません。

とは言え、いくつもソフトを起ち上げて並行して長時間作業していると、そこそこPCに熱がこもってきます。

プライベートではなく仕事用と考えた時、放熱効率が高い金属ボディの製品がおすすめです。

反対に熱がこもりやすいのは、樹脂(プラスチック)ボディです。

筐体が頑丈さも金属の方が強く、業務用としての安心感があります。

Windowsパソコンのおすすめ機種

Windowsは選択肢が多すぎるのでパソコン選びも一苦労です。

しかも、Webデザイナーに調度良い製品は意外と少ないのです。

  • プロのWebデザイナーも選ぶクリエイターモデル(でも安め)
  • 10万円程度でWeb制作できる初心者向けコスパ重視モデル

ここまでの解説をふまえて上記2パターンのおすすめ機種を紹介します。

商品・サービスの内容は記事執筆時点のもので変更される場合があります。
最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

マウスコンピューター DAIV 5P

画像は公式サイトDAIV 5Pページより引用
DAIV 5P
CPU Intel Core i7-11800H プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2)
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス GeForce RTX 3050 Laptop GPU
CPU内蔵:Intel UHD グラフィックス
ディスプレイ 15.6型 フルHD(1920×1080)
ノングレア
sRGB比約100%
ボディ 金属+樹脂 (公表値無し)
最大駆動時間 約9時間
重量 約1.73kg

マウスコンピューターのクリエイター向けブランド DAIVの中でWebデザイナーにイチ押しのモデルです。

Core i7、sRGB比約100%の広色域ディスプレイ、ラップトップ用GPU搭載で充分なスペックを備えています。

以前のモデルは 16GB×1 のシングルチャンネル仕様のメモリでしたが、現在は8GB×2のデュアルチャンネルに仕様変更され、さらにパフォーマンスアップが期待できます。

DAIV 5P (2020年モデル)のレビュー記事はこちら

重さ約1.73kg、グラフィックボードを積んでいながらも軽量クラスに入ると思います。

クリエイターモデルとしては価格がリーズナブルなのが最大の魅力で、人気の高いモデルです。

14インチ型にDAIV 4PDAIV 4Nがあります。

DAIV 4Pは重さ1kg以下でモバイル用を探している人に最適です。

品質・コスパ・サポートと三拍子揃っているマウスコンピューター

マウスコンピューターの製品は全て国内工場で組み立てられているので、品質にも安心感があります。

サポートにも力を入れていて、24時間365日体制の受付と原則72時間以内の修理対応です。

迅速なサポート体制は海外メーカーだとなかなか真似できない国内メーカーの強みと言えるでしょう。

マウスコンピューター mouse B5-i5 プレミアムモデル

マウスコンピューター mouse B5-i5 プレミアムモデル
画像は公式サイトmouse B5-i5 (プレミアムモデル)ページより引用
mouse B5-i5 (プレミアムモデル)
CPU Intel Core i5-1135G7
メモリ 16GB (8GB×2)
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス CPU内蔵:Intel UHD グラフィックス / Intel Iris Xe グラフィックス(デュアルチャンネル動作時)
ディスプレイ 15.6型 フルHD(1920×1080)
ノングレア
ボディ アルミニウム+樹脂
最大駆動時間 約 9時間
重量 約1.68kg

税抜10万円以下の手頃な値段でWebデザインに使えるパソコンが欲しい人におすすめです。

グラフィックボードは内蔵GPUのみですが、Iris Xe グラフィックスを搭載しているので、従来の内蔵グラフィックスよりも性能が向上しています。

天板とパームレスト面にアルミニウム素材を使用しているのでオールプラスチックより放熱性能を期待でき、見た目の高級感・質感の印象にもプラスです。

重さ約1.68kgで15インチサイズとして軽量クラスに分類されると思います。

日本HP ENVY 14

HP ENVY 14
CPU Intel CoreTM i7-1165G7 プロセッサー
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SSD / 1TB SSD
グラフィックス NVIDIA Geforce GTX1650Ti (パフォーマンスプラスモデル)
CPU内蔵:Intel Iris Xe グラフィックス
ディスプレイ 14型 WUXGA(1920×1200)
グレア
色域sRGB 100%相当
ボディ アルミニウム
最大駆動時間 最大15時間
重量 約1.52kg
その他 指紋認証
タッチパネル

日本HPのHP ENVYシリーズiconはクリエイターに適しています。

堅牢なアルミボディとスタイリッシュでデザイン性の高さが特徴的です。

ディスプレイは、sRGB 100%相当の色域と鮮やかな画質。

HP ENVY 14の画面サイズは14インチですが、解像度はWUXGA(1,920×1,200)とフルHDよりも縦幅の表示領域が広いので、クリエイティブ作業に適しています。

海外メーカーながらも日本向けに設計したオリジナルキーボードと広めのタッチパッドで操作性も上々です。

そのため、持ち運びできるサイズ感ながら作業性能を下げないバランスの製品です。

価格もリーズナブルでコストパフォーマンスは高いです。

マツカワ
「たまに持ち運ぶ程度だけどやっぱり15インチはキツい」
「メインマシンかつモバイル用としても使いたい」
という中間を取りたい人におすすめです。

グラフィックボードは搭載モデルと非搭載モデルから選べます。

バッテリー駆動時間も最大15時間(独立GPU無しモデル)と長時間。

画面は光沢タイプ(グレア)で、発色が良い反面、映り込みはあります。

指紋認証・タッチパネルにも対応しています。

日本HP Pavilion 15-eg

HP Pavilion 15-eg
CPU Intel Core i5-1135G7 プロセッサー
メモリ 8GB (4GB×2)
※16GB (8GB×2)にカスタマイズ可
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス CPU内蔵: Intel Iris Xe グラフィックス
ディスプレイ 15.6インチ フルHD(1920×1080)
グレア
ボディ アルミニウム+樹脂
最大駆動時間 8時間
重量 約1.71kg
その他 指紋認証
タッチパネル

PavilionはHPのスタンダードシリーズです。

メモリはカスタマイズで16GBに変更しても10万円以下で入手できるコスパの高いモデルです。

HPらしい高いデザイン性にセラミックホワイトとフォグブルーの2色展開です。

天面とパームレスト面にはアルミニウム素材が採用されていて、見た目の美しさだけでなく、放熱性や強度も高めています。

画面は光沢タイプ(グレア)で、発色が良い反面、映り込みします。

指紋認証・タッチパネルにも対応しています。

Lenovo ThinkPad シリーズ

Lenovo ThinkPadシリーズ

もう一つ安いPCメーカーの代表格と言えばLenovo(レノボ)。

Lenovoの代名詞かつおすすめなのがLenovo ThinkPad シリーズです。

ノートパソコンながらも打ちやすいキーボードと、キーボードから手を離さずカーソル操作できるトラックポイント(赤丸のやつ)が人気の理由です。

Webデザイナー向けのモデルを探そうとすると、ほど良くお手頃な製品はなかなか見当たりませんが、何かしらセールや値引きがされていることが多いため、タイミングによっては安く買えるかもしれません。

よって、特定のおすすめモデルはありませんが、キーボードの操作性を重視したい人は探してみるとよいでしょう。

DELL Inspiron, XPS シリーズ

DELL Inspiron シリーズ

安価なPCで人気のDELL(デル)なら、スタンダードなInspironノートシリーズから探すとよいでしょう。

しかし実際には、Webデザイナーに適したモデルを探そうとすると、他のメーカーと比べて安いと言えるようなコスパの良いい製品は見当たりません。

よって、特定のおすすめモデルはありませんが、デルの製品が好きな人は探してみてください。デザインはシンプルで悪くありません。

上位モデルでクリエイター向けでもあるXPSノートPCシリーズは、15インチサイズがやや高価なので予算に余裕がある人は検討してみてもよいでしょう。13インチは割と手頃です。

公式オンラインストアはコンスタントにセール・値引きされているので、タイミングによってはお得に買えるかもしれません。

Macのおすすめ

Macのシリーズについて解説します。(2022年1月時点)

商品・サービスの内容は記事執筆時点のもので変更される場合があります。
最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

MacBook Pro

MacBook Pro

Macのノートで15インチ以上のサイズ(16インチ)はMacBook Proモデルしかないです。

プロ向けシリーズなので、もちろんWebデザインには余裕のスペックです。

ユーザーに不評だったキーボードのタッチバーも廃止され、物理ファンクションキーに戻ったのも嬉しいポイントです。

現在のMacはAppleが開発したCPU「M1」が搭載されています。

Web制作で使うPhotoshop、Illustrator、XDなどのAdobeソフトはM1チップにネイティブ対応しているので、現在は大きな問題もなく使えるでしょう。

Adobe公式情報も確認しておきましょう。

MacBook Pro – Apple(日本)

MacBook Air

MacBook Air

Macのラインナップの中では安価で一般ユーザー向けのMacBook Air。

13インチサイズしかないことを除けば、性能的には問題なくWebデザインで使用できます。(メモリは16GBにアップ)

MacBook Proとの価格差も大きいので、Air+外部モニターという組み合わせでもよいでしょう。

MacBook Air – Apple(日本)

デスクトップ iMac

iMac 24インチ

最新のiMacは24インチサイズはM1チップ搭載型、27インチモデルは Intel Core i シリーズのCPUを搭載しています。

どれを選んでも問題なくWebデザインに使えます。(メモリは16GBにアップ)

iMac – Apple(日本)

安く買えるApple整備済み製品

返品された製品などをAppleが厳しい基準で再整備とクリーニングを実施した新品同様品をリセールしています。

これを「Apple整備済製品」と言います。

基本的に値引きがされないApple製品ですが、整備済製品なら最大15%引きで販売されます。

ラインナップはその時々の状況により、販売が開始されてもすぐに売れてしまうことがあるため、整備済製品を狙いたい場合は、こまめに情報をチェックしましょう。

Mac整備済製品 – Apple(日本)

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る