フリーランスWebデザイナーなら活用したいおすすめフリーランスエージェント

自由に働けるイメージの強いフリーランスですが、一方で、フリーランスには何の後ろ盾もないというリスクが付きまといます。

そんなフリーランスにとって心強い存在がフリーランスエージェントです。

そこで今回は、フリーランスエージェントの特徴や仕組みから、エージェントの選び方と活用方法、デザイナー案件の多いエージェントまで、まるっと解説します。

フリーランスエージェントの特徴

まずはフリーランスエージェントとは何なのか、その特徴を確認していきましょう。

フリーランスエージェントのサービスは大きく分けて4つあります。

  • 仕事紹介・営業代行
  • 請求処理代行
  • 参画中のフォローアップ
  • 福利厚生

仕事紹介・営業代行

エージェントはフリーランス人材を探している企業の求人情報を保有しており、各登録者のスキルや希望に合った案件を紹介してくれます。

気になる案件にエントリーすれば、エージェントからその企業にフリーランスの売り込みをし、面談日程を調整してくれます。

面談にもエージェントが同行してフリーランスの推薦やフォローをしてくれます。

契約の条件や報酬についても、フリーランスの代わりに交渉をしてくれます。

営業が得意でない人にとっては精神的な負担の軽減になるので、エージェントの
存在は心強いでしょう。

請求処理代行

通常フリーランスは請求も自分で行いますが、エージェントを利用した場合は請求処理はエージェントが代行してくれます。

ですので、フリーランスはエージェントに口座情報を伝えておくだけで、案件参画中は毎月報酬が振り込まれます。

参画中のフォローアップ

エージェントは、案件参画中もフリーランスと企業(発注者)の間を取り持ってくれます。

直接は言いづらい現場の不満・要望などをエージェントに相談すると、エージェントから企業に話をしてくれます。

企業としては、エージェントとの関係を維持したいはずなので、エージェントからの話を軽視することはできません。

その意味でもエージェントを通すことには一定の効果があると考えられます。

逆に、企業側からフリーランスへの苦情等も、企業からエージェントに話が行き、エージェントからフリーランスに伝えられます。

福利厚生 (その他のサポート)

  • 確定申告サポート
  • フリーランス向けサービスの優待制度
  • 税理士等の専門家の紹介
  • セミナーや交流会等のイベント開催

例えば上記のようなサポートがエージェントによって提供されています。

フリーランスエージェントの仕組み

仕事の紹介や営業代行等のサービスに費用はかからず、登録も無料です。

では、どのようにフリーランスエージェントは運営されて収益を得ているのか、その仕組みについて解説します。

フリーランスエージェントのマージン (手数料)

エージェントは、フリーランスの報酬から差し引くマージン料で運営資金・利益を得ています。

エージェントごとにマージン料率や計算の仕組みは異なりますが、大体報酬の10〜25%の間くらいで設定されているようです。

一部マージン率を公開しているところもありますが、基本的には各社エージェントのマージン率は公開されていません。

例えば、ある企業(発注者)が「報酬100万の案件」でエージェントに人材紹介を依頼し、そのエージェントでは手数料率を20%に設定しているとします。

この場合、エージェントからは「報酬80万の案件」として紹介されます。

ですので、個々の案件情報に掲載されている金額については、原則その額通りの報酬をフリーランスの人が受け取れます。(源泉徴収等の天引きは除く)

登録と利用の流れ

フリーランスエージェントは以下のような流れで利用していきます。

  1. エージェントのWebサイトから登録して基本情報等を入力する
  2. エージェントの担当者の方と面談して自分のキャリアや希望内容等を伝える
  3. 案件を紹介してもらい希望する案件にエントリー(スキルシートの作成)
  4. エージェントが企業との面談を調整する
  5. 企業と面談をする(担当者同行)
  6. 契約する
  7. 参画する

エージェントでは、ほぼ全てのステップで担当者のサポートを受けながら進めていきます。

ですので、担当者としっかりコミュニケーションをとることは大切です。

自分の希望やキャリアの目標をきちんと伝え、疑問点・不明点などあれば遠慮なく相談しましょう。

また、自らコミュニケーションをとっていくことは、担当者の対応を見極めることにもなります。

人同士なので、相性の問題もあれば、単に対応に疑問を感じる場合もあるでしょうが、自分が受け身の姿勢でいるとその判断はできません。

エージェントとの良好な関係を築ければ、継続的に仕事を紹介してくれたり、より良い条件の話を持ってきてくれることもあるので、長期的な目で見てエージェントと付き合っていきましょう。

フリーランスエージェントのメリット

フリーランスの特徴や仕組みについてわかったところで、具体的なメリットを確認してみましょう。

業務に集中できる

フリーランスは本業務以外にもやらなければならないことがたくさんあります。

特に営業活動が苦手な人にとって、自分の代わりに営業してくれるエージェントは非常にありがたい存在です。

現場とのトラブルがあった時なども、エージェントが間に入って調整してくれるため、仕事上のストレスも緩和されるでしょう。

その他、地味に面倒な請求処理も楽になります。

フリーランスエージェントを利用すれば、より本業に専念できる環境が手に入ります。

非公開案件など仕事の選択肢が増える

フリーランスエージェントが保有する案件には非公開なものも多く、そのような案件はエージェントを通さないと参画できなかったりします。

大手案件の募集など個人では見つけることの難しい仕事も紹介してもらえるので、仕事の選択肢や可能性が拡がります。

また、エージェント経由でないとフリーランスと契約をしたがらない企業(発注者)もいます。

例えば、フリーランスと音信不通になったり何かトラブった時のリスクを懸念しています。

エージェントを通していれば、エージェント側で連絡をとってもらったり、場合によっては代わりの人材を探してもらうなどの対策ができるので、企業にとってリスクヘッジや手間の軽減となります。

妥当な報酬を得られる

Webフリーランスの単価はピンきりで、同じ業務内容であっても人によって報酬額が大きく異なることがあります。

特にフリーランス経験が浅い段階では、スキルがあっても個人としての実績が少ない分、値切られてしまったり適正な報酬額で受けられないこともあり得ます。

その点、エージェントは報酬の相場をよく知っているため、発注側がいたずらに報酬額を値切ると、依頼したところで扱ってもらえません。(報酬の減額はエージェントのマージンも下がることになる)

よって、エージェントで扱っている案件は、たとえマージンが抜かれているとしても、妥当性のある報酬額の案件が多いと考えてよいでしょう。

マージンが発生することをエージェントのデメリットと考える人もいますが、壱フリーランスが企業と直契約をしたとて、エージェントのマージン分を上乗せした報酬を得られるとは限りません。(交渉力があればできるかも)

先述の通り、発注側(企業)からすると、フリーランス人材の獲得にはリスクが付きまといます。

マージンを考慮して報酬を多少上乗せしたとしても、間にエージェントが入っていて欲しいと考える企業は少なくないようです。

フリーランスエージェントのデメリット

反対に、エージェントのデメリットも確認していきましょう。

働き方の自由度は下がる

フリーランスと言えば「時間や場所に縛られない自由な働き方」を想像する人は多いと思いますが、エージェントで扱っているのは常駐型の案件がメインです。

在宅・リモート可能な案件もありますが、比率としては常駐型の案件が多いでしょう。

ただし、途中からリモートに切り替えていけるケースはあります。

一定期間従事して信頼を得た上で打診してみると、完全にとはいかないでも部分的に在宅勤務OKにしてくれるかもしれません。(例:週5のうち週3は在宅勤務OKなど)

タイミングよくリモート案件が見つかればよいですが、難しい場合はゆくゆくリモート化できる余地があるか、エージェントに相談してみてもよいでしょう。

長く継続できるかはスキル次第

契約期間は案件によって異なるものの〜6ヶ月、長いと一年単位での契約で終了し、更新または別案件に参画します。

長い目で見てエージェントから継続して案件を紹介してもらうには、やはりスキルも重要です。

特にWeb・IT業界は技術の変化が激しいので、日頃からプライベートでも学んでトレンドをキャッチアップしていく姿勢が大切です。

時代に合わせた技術を吸収し、自分自身のスキルをアップデートしていくことが、能力主義のフリーランスの世界で活躍し続ける秘訣です。

エージェントは業界の動向にも精通しているので、今後の需要や将来的なキャリアプランについても相談にのってもらうとよいでしょう。

実質的な年齢制限がある

フリーランスエージェントで募集している人材の想定年齢は、20代〜40代前半くらいです。

現状では、40代後半から50代以降になると紹介してもらうのが難しくなってきます。

人生100年時代と言われ、シニア層の労働者も増えてきているので、今後年齢による制限は社会的に緩和されていくかもしれません。

いずれにせよエージェントに頼り切るのではなく、少しずつでも他の手段で仕事ができるような体制を整えていくとよいでしょう。

未経験者向けではない

エージェントは基本的に経験者向けのサービスです。

100%無理とは言い切れませんが、全くの未経験者がいきなりエージェントを利用しても紹介してもらえる確率は低いと思います。

ですので、完全未経験からフリーランスになりたいのであれば、クラウドソーシングや営業等で仕事を獲得していくことを考えておきましょう。

てきれば、フリーランスになる前には一度現場経験を積んでおくのがおすすめです。

未経験からのWebデザイナー転職活動ガイド

今さら聞けない!クラウドソーシングの仕組みとおすすめサービス一覧

稼げないは本当?クラウドソーシングの真実と稼ぐコツ

エージェントの選び方と活用ポイント

フリーランスエージェントの選び方・注意点・上手な活用方法について解説します。

複数のエージェントに登録する

エージェントを利用しようと思ったら必ず複数のエージェントに登録しましょう。

複数のエージェントに登録することで、それぞれのサービスや対応の違いがわかります。

例えば、エージェントのA社とB社に登録し、自分のスキルと希望条件を同じように伝え、マッチする案件を紹介してもらったとします。

  • A社では50万程度の報酬案件を複数紹介された
  • B社では60万程度の報酬案件を複数紹介された

この場合、A社よりもB社の方がマージン率が低いエージェントだと推測できます。

報酬はわかりやすい例ですが、エージェントのサポート体制や担当者の対応など、複数社を利用してみることで比較できます。

特に、初めてエージェントを利用する人は、エージェントサービスの良し悪しを判断しにくいと思います。

必ず複数のエージェントに登録し、比較しながら自分に合ったエージェントを見つけるようにしましょう。

エンド直案件や商流の浅い案件を多く扱うエージェントに登録する

商流(商的流通)は取引の流れを表す言葉です。

要は、どのような経路でフリーランスまで案件が降りてくるのかを確認しよう、という話です。

通常は、
エンド企業 → エージェント → フリーランス
という商流で、これを「エンド直案件」と言います。
エンドは、商流の起点である大本の発注者です。

しかし、
エンド企業 → 元請け → 下請け → 下請け(孫請け)→ エージェント → フリーランス
のようにいくつもの会社が間に入っているケースもあります。
いわゆる「多重下請け構造」ですね。

間に入る企業が多いほど「商流が深い」、少ないほど「商流が浅い」と言います。

商流が深いとそれだけマージンの中抜きが増えるので、実際に労働をするフリーランスの取り分は少なくなります。

報酬については「内容に対して自分が納得できる金額ならよい」と考えることもできるのですが、問題は他にもあります。

例えば、フリーランスは50万の報酬で引き受けたのに対し、エンド側は100万支払っていたとします。

エンド側からすれば(仲介が入っているとは言え)支払いに見合った働きを期待するのは当然です。

そうなると、フリーランスが一生懸命働いて50万以上の働きをしたとしても、エンド企業からはなかなか評価してもらえず、さらなる要求や負担を強いられることもあり得ます。

これは、エンドにとってもフリーランスにとっても不幸な事態です。
中抜きが多すぎるのです。

ですので、商流が深い案件には注意しましょう。

多重下請け構造はエンジニア業界でよく起きていて、システム開発など(SIerやSES案件)に多く、Web系はそれに比べると少ない傾向のようです。

いずれにしても、多重下請け構造の問題は認識しておき、疑わしい時は確認するようにしましょう。

スキルに自信があるなら、エンド直案件だけを紹介してもらうのもよいでしょう。

支払いサイトを確認する

支払いサイトとは、締め日から支払いまでの期間のことで、要は支払いスケジュールのことです。

例えば、月末締めの翌月末払いであれば、(厳密には月によって違いますが)30日後の支払い日となるので30日サイトとなり、翌々月の末払いなら60日サイトとなります。

フリーランスは事業者です。
ビジネスにおいて「回収は早く、支払いは遅く」という言葉があるように、事業者同士の取引では支払いサイトが長くなりがちです。

しかしながら支払いサイトが長いと、フリーランスのような個人事業者はすぐに生活が厳しくなるのは容易に想像できます。

報酬はエージェントからです。
エージェントの支払いサイトをしっかり確認しておきましょう。

できれば30日サイト以内が望ましいでしょう。

フリーランス初心者こそエージェントを利用する

フリーランスになって最初の難関は、顧客を獲得することです。

営業活動は地道な種まきが大切ですが、スキル勝負の職人気質なフリーランスにとっては心理的なハードルが高いのもよくわかります。

そんな人こそフリーランスエージェントを利用しましょう。

フリーランスエージェントはキャリアプランの相談にものってくれます。

目指すキャリアプランに沿った案件を紹介してくれたり、その実現のためのアドバイスをもらえたりします。

フリーランスでいると、仕事について相談できる相手が周りにいないこともあるでしょう。

ぜひエージェントを上手に活用していきましょう。

Webデザイナーにおすすめのフリーランスエージェント

最後に、Webデザイナーにおすすめのフリーランスエージェントを紹介します。

Web・IT系のエージェントはエンジニア(プログラミング)案件が多く、デザイナー関連の案件は探しにくいこともあります。

これはエンジニア人材が極端に不足しているため、どこのエージェントで探してもエンジニア案件の比率が高いのは同じです。

そんな中でも、デザイナー職の案件が見つかりやすいエージェントをまとめました。

なお、エージェントは基本的に非公開案件を扱っており、それらの案件はサイト上では見つかりません。

実際に相談してみると思ったより案件が見つかることもあるので、まずは気軽に相談してみましょう。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター
レバテッククリエイター

Web業界大手エージェントのレバテックシリーズのデザイナー・クリエイター専門エージェントサービスです。

大手ならではの豊富な取引実績で、低マージンと高単価の案件を多く扱っています。

クリエイター業界に精通したコーディネーターによる丁寧なサポートで、フリーランス初心者とキャリアップを目指すフリーランスのどちらの人も利用しやすいサービスです。

フォローを専門に行う担当者もいるので、参画中も安心して業務できるでしょう。

その他、税務サポート・人間ドック・各種施設の優待サービスなど参画中の福利厚生も充実しています。

支払いサイトは15日サイト(月末締め翌月15日支払い)と短いのもメリットです。

フリーランスのデザイナーなら登録しておきたいエージェントの1つです。

業務委託以外に派遣契約の求人も扱っています。

Webデザイナーが派遣で働くメリットとおすすめ派遣会社一覧

なお、レバテックフリーランスはエンジニア案件をメインに取り扱っています。
目的に合わせて選びましょう。

DYMテック

DYMテック
DYMテック

20代〜30代後半向けWeb・IT専門エージェントサービスです。

主な対象地域は首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)です。

DYMは元々は新卒・第二新卒・既卒等の求職者支援を中心に実績を伸ばしてきたエージェントですが、取引企業におけるWeb・IT人材の需要が多いことから特化型エージェントが設立されました。

グループの取引実績は5000社以上、大手から中小企業まで他のエージェントでは見つからない独自の案件を多く保有しているのが特徴です。

エンド直ならぬ社長直の独自案件が多く、高単価案件も期待できます。

他で見つからないレア案件など選択肢を広げたい人におすすめです。

また、業務委託以外に派遣契約も扱っており、週3日〜などの掛け持ち案件にも幅広く対応しています。

Webデザイナーが派遣で働くメリットとおすすめ派遣会社一覧

IT求人ナビ フリーランス

IT求人ナビ フリーランス
IT求人ナビフリーランス

IT・Web系のエンジニア・デザイナー向けのフリーランスエージェントで、トップクラスの案件数と対応エリアの広さが特徴です。

業界実績は13年と長く、 案件保有数は2万件前後と他のエージェントにはない規模感で、多くの企業との取引を扱っています。

対応エリアは首都圏(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)と大阪府・京都府・兵庫県・札幌市・仙台市・愛知県・広島市・福岡市です。

Web・IT業界はどうしても東京に集中しているため、必然的に地方案件を扱うエージェントは少なくなります。

IT求人ナビは全国に7つの拠点(東京・仙台・札幌・愛知・大阪・広島・福岡)があるので、地方都市部での利用者にもおすすめです。

報酬の先払い、税務関連サポート、各種優待チケットなどの福利厚生もあります。

クラウドテック

Crowdtech (クラウドテック)
クラウドテック

クラウドソーシング大手のクラウドワークスが運営するフリーランスエージェントサービスです。

大本がクラウドソーシングの会社ということもあり、他の一般的なエージェントに比べてリモート(在宅)や週3,4日の案件も多く扱っているのが特徴的です。

自由度の高い働き方にこだわりたいフリーランスの人におすすめです。

フリーランスライフサポートという福利厚生サービスも利用できます。

テクフリ

テクフリ
テクフリ

エンド直案件が90%以上で、10%などの低マージン案件も扱っており、高単価報酬も期待できます。(利用者の3人に1人が120%の収入アップに繋がっているとのこと)

エージェントとのコミュニケーションは、メールに限らず利用者に合わせてLINEやMessengerなども使えて、迅速に対応してくれます。(即日返信多め)

案件が見送りになった場合もフィードバックをしてくれるスタンスなので、その後の案件探しに活かすことができます。

また、フリーランス協会やベネフィットワンの加入など福利厚生も充実しています。

対応エリアは1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)に住んでいるエンジニア・クリエイターが対象です。

Midworks

Midworks
スクショは2021年3月時点のもの
Midworks

フリーランスでありながら正社員並みに充実した福利厚生が売りのエージェントサービスです。

福利厚生代行サービス大手のリロクラブと提携しており、年間30万円相当の制度を受けることができます。

他にも、書籍・勉強会費用を月1万円、交通費も3万円まで保証する必要経費支援、案件が途切れた際の給与保障制度(条件あり)などの嬉しい制度を設けています。

マージンは10〜15%あたりで、案件ごとにクライアントの単価は全て公開している点も安心できます。

対応地域は主に首都圏1都3県(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)で、その他だと近畿エリア(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県)を取り扱っています。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る