shopifyの決済設定と利用できる決済代行サービス

shopifyでは越境ECにも対応した様々な決済代行サービスを導入することができます。

shopifyペイメント以外の決済代行サービスを導入することで、ユーザーにより便利なネットショップにすることができます。

  • shopifyで利用できる決済方法
  • shopifyペイメントと併用できるサービス・併用できないサービス
  • 日本と海外の決済事情と選び方
  • 決済画面の操作方法

shopifyの決済設定について詳しく解説していきます。

shopifyで使える決済方法

shopifyでは、クレジットカード、PayPal、スマートフォン決済、仮想通貨、携帯キャリア決済、コンビニ払いなど様々な決済方法に対応できます。

日本のshopifyで扱える決済サービスは以下の通りです。

  • 2Checkout
  • Alipay Global
  • Amazon Pay
  • Asiabill
  • BitPay
  • By dLocal: Tarjetas locales, Transferencias Bancarias y Pagos en Efectivo
  • Cartão de Crédito e Boleto via EBANX
  • Cartão de Crédito em até 12x via EBANX
  • Checkout.com
  • Coinbase Commerce
  • CoinPayments.net Cryptocurrency Payments
  • CyberSource
  • GMO後払い決済(日本国内・GMOイプシロン)
  • iPayLinks
  • JCB クレジットカード決済 – KOMOJU
  • KOMOJU・コンビニ/その他
  • NihaoPay
  • PayPal Express Checkout
  • Paypal決済(日本国内・GMOイプシロン)
  • PUT IT ON LAY-BUY
  • Sezzle
  • Shopify Payments
  • クレジットカード決済 – KOMOJU
  • クレジットカード決済(日本国内・GMOイプシロン)
  • コンビニ決済 – KOMOJU
  • コンビニ決済(日本国内・GMOイプシロン)
  • スマートフォンキャリア決済(日本国内・GMOイプシロン)
  • 携帯電話ご利用料金と一緒にお支払い
  • 銀行振込 – KOMOJU

日本の決済サービス – オンラインクレジットカードの処理日本』より

代替決済サービスと外部決済サービス

shopifyの決済設定画面を見てみると、[代替決済方法]と[外部サービス]という項目があります。

いずれも外部の決済代行サービスを導入するものなのですが、この2つは「shopifyペイメントと併用(連携)できるかどうか」という点が異なります。

shopifyペイメントとは、shopifyが独自に提供している決済サービスで、クレジットカード (VISA/MASTER/AMEX)、Apple Pay、Google Pay、Shop Payの決済に対応しています。

代替決済はshopifyペイメントと併用できますが、外部決済サービスはshopifyペイメントと併用できません。

shopifyペイメントを有効化している状態で外部サービスを設定すると、自動的にshopifyペイメントが無効になります。

代替決済と外部決済では、利用できるサービスが異なるわけですが、もう一つの大きな違いが手数料です。

取引手数料と決済手数料

商品が購入されると取引手数料と決済手数料が発生しますが、shopifyペイメントを有効化していると取引手数料が0円になります。

取引手数料はshopifyに支払う手数料で、決済手数料は決済代行サービスにかかる手数料です。

取引手数料が無料になるのは、shopifyペイメントで決済をした時に限らず、併用している決済方法にも適用されます。

なお、決済手数料は、各決済サービスによって異なります。

取引手数料と決済手数料は次の表のようになります。

shopifyペイメント
導入の有無
プラン 決済方法 手数料
あり ベーシック 日本のクレジットカード 3.4% + 0円
海外/AMEXのクレジットカード 3.9% + 0円
代替決済(併用している決済) 代替決済手数料 + 0円
スタンダード 日本のクレジットカード 3.3% + 0円
海外/AMEXのクレジットカード 3.85% + 0円
代替決済(併用している決済) 代替決済手数料 + 0円
プレミアム 日本のクレジットカード 3.25% + 0円
海外/AMEXのクレジットカード 3.8% + 0円
代替決済(併用している決済) 代替決済手数料 + 0円
なし ベーシック 外部決済 外部決済手数料 + 2.0%
スタンダード 外部決済 外部決済手数料 + 1.0%
プレミアム 外部決済 外部決済手数料 + 0.5%

shopifyペイメントの決済手数料は、一般的な相場より低めのマージン設定なのも嬉しいところです。

手数料がお得!shopifyペイメントの設定方法

決済方法の選び方

オンライン決済におけるユーザーの決済手段は、国によって大きく傾向が異なります。

海外向け (越境EC) の決済

例えば、アメリカやヨーロッパなどはpaypalとクレジットカード決済(デビットやプリペイド含む)が主流です。

中国なら、AliPay、Union pay (銀聯)、Wechat Payの決済手段で大半をカバーできるでしょう。

ターゲット国のオンライン決済事情を確認しておきましょう。

参考:
【欧州】域内各国で使われているオンラインペイメント方法トップ3
中国市場向け決済 – Alipay,銀聯

日本国内向けの決済

世界的に見ると日本の決済事情は特殊で、クレジットカードが最も使われているものの、コンビニ払い、代金引換 (代引き) 、携帯キャリア決済などもよく使われています。

どこまで対応するかはショップそれぞれの方針によるので、運営していく中でバランスをとっていけばよいでしょう。

また、shopifyペイメントで対応していないJCBカードブランドについては対応しておきたいところです。

選択肢の多い日本のオンライン決済事情ですが、shopifyの代替決済サービスでほぼ対応できます。

決済の設定方法

決済設定メニュー

shopifyでの決済関連の設定は[設定]→[決済]から行います。

なお、shopifyペイメントの設定方法については、別記事をご覧ください。

手数料がお得!shopifyペイメントの設定方法

shopifyペイメントを除き、決済サービスを利用するには、各サービスへの利用申請が必要です。

その際、公的な身分証や事業証明書類(登記簿謄本や開業届など)を提出することになるので準備しておきましょう。

PayPal

日本ではそこまで馴染みのないPayPalですが、世界的に見ると、かなり広く使われている安全性の高い決済方式です。

海外向けのECなら必ず設定しておきましょう。

手数料は、国内なら3.6% + 40円、海外で4.1 % + 40 円で、リアルタイムで入金されます。

PayPalビジネスアカウントを作成する

PayPal決済設定

決済設定画面で[決済サービス]セクションのPayPalで[セクションからpaypalエクスプレスチェックアウトを有効にする]をクリックします。

PayPalログイン

連携するPayPalアカウントにログインします。

PayPal連携許可

shopifyとの連携許可を求められるので承認します。

PayPal決済設定完了

参考:クレジットカード決済導入|ビジネス向け-PayPal(ペイパル)

Amazon Pay

Amazonが提供する決済サービスで、日本にも利用者が多くいます。

Amazonに登録されている情報を使って決済するので、ユーザーの情報入力の手間が省け、コンバージョンアップも大いに見込めます。

手数料は、デジタルコンテンツ以外が4%、デジタルコンテンツが4.5%で、アカウント作成日を起算として14日間周期で決済処理されます。

Amazon Pay を申し込む

Amazon Pay決済設定

[決済サービス]セクションのAmazon Payから[Amazon Payを有効にする]をクリックします。

Amazon Pay連携手順1

Amazon Payの設定画面に移るので、説明に従って操作します。

Amazon Seller Central にログインして、[JavaScriptの種類][リダイレクトURL]欄にshopifyで指定されているURLをコピペします。

Amazon Pay側の設定画面ではサイトURL(を含めた文字列)を入力するので、shopifyで独自ドメインを使いたい場合は、ドメインの設定完了後にAmazon Payの設定をしましょう。

Amazon Pay連携手順2

続いて、Amazon Seller Central から[Amazon Client ID][Amazon Seller ID][MWS Auth Token][MWS Secret Access Key]を表示し、shopify設定画面の各入力欄にコピペします。

Amazon Payの設定画面の解説はこちらの記事を参考にしてください。

Amazon Payテストモード切り替え

テストをするには[テストモードを使用]にチェックを入れてから [Amazon Payを有効化する]をクリックして完了します。

参考:
Amazon Pay | 簡単で安心なオンライン決済を | アマゾン ペイ
Amazon Pay手数料 | Amazon Pay ヘルプ
決済レポート | Amazon Pay ヘルプ

Amazon Pay導入時のチェックアウトのフォーム設定

チェックアウト時にデータを取得する際、Amazonの仕様上、ユーザーの姓名は姓のフィールドにまとめて入力されます。

そのため、shopifyのチェックアウト画面は姓と名が分かれているため、名のエリアが空欄になります。

ユーザーがそのまま操作した時にエラーが出ないように、名の入力フォームを任意の項目扱いにしておくとよいでしょう。

チェックアウト設定画面にアクセス

ストア[設定]→[チェックアウト]に移動します。

姓は必須・名は任意 の設定

[フォームのオプション]で[姓のみを必要とする]をチェックして設定を[保存]します。

しかし、そうすると、名のフォームのプレースホルダーに「任意」という文字が表示されてしまいます。

ユーザーには名を入力して欲しいので「任意」の表記を消したいと思います。

「チェックアウト言語を管理」ボタン

[チェックアウト言語]→[チェックアウト言語を管理]ボタンをクリックして言語編集画面に移動します。(テーマの言語編集画面に遷移)

「名」に該当する翻訳を検索

検索フィールドに「名」と入力すると[Checkout & system / Checkout contact]-[Optional first name label]に「名 (任意)」と表記されているのを見つけられます。

「名 (任意)」の翻訳編集

「名」と入力して設定を保存します。

システムとしては任意の情報扱いですが、ユーザーには必須の入力項目のように認識してもらいます。

それと同時に、Amazon Payで購入するユーザーがもしそのままチェックアウトを進めてしまってもエラーを出さないため、購入手続き中の離脱による機会損失の防止効果にもなります。

代替決済と外部決済

代替決済と外部決済 設定セクション

代替決済も外部サービスも基本的な設定方法は同じで、導入したい決済サービスに申し込み、発行されるIDと認証キーを入力して連携します。

代替決済サービスの選択

JCBカードの追加やコンビニ払い、携帯キャリア決済などの決済は[代替決済方法]から設定できるので、shopifyペイメントとの併用が可能です。

KOMOJUのJCBカード設定画面
KOMOJUのJCB利用設定画面

国内決済サービスについては、KOMOJUGMOイプシロンあたりを利用すれば、ほとんど対応できるでしょう。

代金引換 (代引き)

代金引換(代引き)設定

[手動の決済方法]→[Cash on Delivery (COD)]を選択します。

代金引き換えの説明入力

[詳細]と[支払いの手順]を入力して有効化します。

決済画面での代引き選択時の表示例
チェックアウト画面での代金引換の表示例

[詳細]はチェックアウト(購入手続き)画面に表示するテキストで、[支払いの手順]は注文完了ページに表示されます。

なお、手動決済で設定した注文は支払い確定処理も手動で行います。
実際に支払いを確認したら[注文管理]画面で該当商品の支払い処理を行います。([支払い済みとしてマーク]をクリック)

銀行振込

銀行振込 設定

[手動の決済方法]→[Bank Deposit]を選択し、[詳細]と[支払いの手順]を入力して有効化します。

決済画面での銀行振込選択時の表示例
チェックアウト画面での銀行振込の表示例

代引きの設定と同じ操作方法です。
支払い確定処理も同様に手動で行います。

任意の手動決済

その他任意の決済方法を手動で作ることもできます。

その他の決済方法を作成

[手動の決済方法]→[その他の決済方法を作成する]を選択します。

決済方法の名称と説明を入力

[その他の決済方法の名前]に任意の決済名を入力しますが、以下の単語はshopifyの予約語になっているので、使えません。

  • 銀行振込現金
  • 代金引換
  • カスタム
  • 外付けクレジット
  • 外付けデビット
  • ギフトカード
  • 郵便為替
  • ストアクレジット

[詳細]と[支払いの手順]を、代引き・銀行振込の手動決済と同じ要領で入力します。

手動決済の注文は支払確定処理も手動で行います。

支払い確定のタイミングの設定

支払い確定方法の選択

決済の設定画面で、クレジットカード決済の支払いを確定するタイミングを選択できます。

[自動で注文の支払いを確定する]を選択すると、ユーザーが決済操作をした時点で支払い(請求)も確定します。(処理上の時間差はあり)

一般的には自動の設定で問題ないでしょう。

手動での支払い確定方式

[手動で注文の支払いを確定する]を選択すると、ユーザーが注文操作をした時点では、オーソリまでを実施します。

クレジットカードのオーソリ (Authorization) とは、「不正利用の疑いがありそうか」「利用限度額は超えないか」「有効期間内のカードか」など、カードの有効性を確認するプロセスです。

支払いの確定処理(請求処理)は、注文管理の画面から手動で行います。

例えば、「非常に高額な取引で自動承認でのリスクが高い」などのケースで手動承認の方式を選択することがあります。

なお、shopifyペイメントの承認期間は7日間です。
承認期間内に手動承認を行わないと、再度お客さんの決済手続きが必要になります。

[オーソリの期限が近づいたらメールを送信する]にチェックを入れて、メールのアラート設定をしておきましょう。


以上がshopifyの決済設定です。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る