Webデザイナーのキャリアアップにおすすめの転職エージェント

最近は転職エージェントを利用した転職活動が一般的になったとともに、転職エージェントの数も増えてきました。

Webデザイナーはどの転職エージェントを使えばよいのか、迷っていませんか?

この記事ではWebデザイナー・クリエイターの方が利用すべき転職エージェントを紹介します。

「転職を機にキャリアアップしたい!」
そんな方のためにWebデザイナーからのキャリアアップの選択肢についても解説していきます。

Webデザイナーの転職は専門のエージェントを利用しよう

Webデザイナーが転職するにはIT・Web業界に特化しているエージェントを中心に利用するのがよいでしょう。

特化しているだけに、その業界・業種の知識や情報を持っているからです。

Webデザイナーやエンジニアなどのクリエイター職は、自分のスキルやキャリアプランをエージェントに伝える時、専門的な内容の話をせざるをえないことがあります。

そんな時に、業界に明るいキャリアアドバイザーならば話もスムースで、結果としてミスマッチを起こしにくく、希望に合った求人を紹介してもらえる可能性が高くなる、というわけです。

Webデザイナーからのキャリアップ転職

Webデザイナー職のまま職場を変えることもできますが、Webデザイナーからのキャリアアップ転職を目指すのもよいでしょう。

参考までに、Webデザイナーからどんなキャリアアップの選択肢があるのか紹介します。

Webディレクター

Webデザイナーからのキャリアアップの代表格と言えば、Webディレクターです。

Webデザイナー経験者であれば、ディレクター職自体は未経験でも比較的なりやすい職種です。

企画・設計、制作チームのマネジメント、クライアントとのやり取りなど、プロジェクト全体の指揮をとる役職です。

デザインや制作の知識に限らず、Webに関する広い知識やコミュニケーション能力が求められます。

UI / UX デザイナー

最近はUI/UXデザイナーの需要も増えていて、Webサービスやアプリ事業の分野に多く求人があります。

UI/UXデザインでは、ユーザー目線に立ったデザインとそれに伴う顧客体験、その結果として得られるサービス提供側の利益の向上を目指します。

デザイン業務そのものを続けたい人、さらにデザインを追求したい人にとっては、やりがいを感じられるでしょう。

フロントエンドエンジニア

デザインよりもコーディング業務に面白みを感じているなら、フロントエンドエンジニアになるのもおすすめです。

フロントエンドエンジニアの業務は非常に曖昧で、求人ごとに求められるスキルも異なります。

前提としては、JavaScriptを一から書けるくらいのスキルは必須です。
HTML・CSSコーディングは言わずもがなです。

Webマーケッター

Webマーケティングは、サイト分析、SEO、広告・LP、SNS、メルマガ、コンテンツ企画作成など、広範囲に及びますが、実際の業務や担当する範囲は会社によって異なります。

Webマーケティングを実践するにはWebサイトが必要なので、Webデザインで得た知識が無駄になることはありません。

むしろ、広告クリエイティブやサイトのデザイン・構成などについて専門的なレベルで理解できるマーケッターはあまりいないので、制作経験は業務にも活きてきます。

また、制作もマーケティングもどちらも非常に汎用性の高いスキルセットなので、両方の経験があれば、ほとんどどんなビジネスジャンルにも使えます。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

Webデザイナーの転職におすすめな転職エージェントとその特徴をそれぞれ見ていきましょう。

Webist (ウェビスト)

Webist (ウェビスト)

Webist (ウェビスト)

Web・広告・出版業界専門のエージェントです。

運営会社は、8万人以上のクリエイターが登録しているクリエイター・エージェンシーのパイオニア、株式会社クリーク・アンド・リバー(東証1部上場)です。

正社員・契約社員・紹介予定派遣・派遣・業務委託と様々な雇用形態の求人を扱っていて、多様な働き方があるクリエイターならではのキャリアプラン・ライフスタイルに合わせたきめ細かいサポートが特徴です。

30年以上クリエイティブ業界で培ってきたネットワークがあり、大手・有名企業の求人情報も多く保有しています。

Web業界のクリエイターならぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビグループが運営しているWeb・ゲーム業界のクリエイティブ職専門の転職エージェントです。

1人のキャリアアドバイザーが担当する転職希望者の人数を少なくすることで、一人一人のサポートに時間をかけています。

量よりも質重視でマッチング精度の高い求人を紹介してくれるのが特徴です。

クリエイター転職に必須のポートフォリオの対策にも力を入れていて、登録者は「MATCHBOX」というマイナビ独自のポートフォリオ作成ツールを無料で利用できます。

転職が初めての人や丁寧にサポートしてほしい人におすすめのエージェントです。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです。

業界内の動向や技術への知識レベルが高いキャリアアドバイザーが在籍していて、カウセリングを通して転職希望者の強みや市場価値を見出してくれます。

適正な分析を基にしたマッチングや企業別対策を行うことで、内定率の高い転職サポートを実現しています。

エンジニア職の求人が多くあり、自分のスキルや強みを活かして年収アップしたい人におすすめの転職エージェントです。

Geekly (ギークリー)

Geekly (ギークリー)

Geekly (ギークリー)

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

非公開求人が1万件以上と、特化型エージェントの中でも求人数は多い方です。

蓄積したデータを独自に分析したマッチングノウハウと、スピーディーな転職のサポートが特徴です。

たくさん求人を紹介して欲しい人や年収アップしたい人に適した転職エージェントです。

シンアド

シンアド

シンアド

広告・PR・デジタル業界に特化した転職エージェントです。

「やみくもな提案はせず、今の会社に残ったほうがよいと思えば正直に伝える」方針で、目先の転職だけにとらわれないキャリア支援を行っています。

実態を知っている業界経験者のキャリアアドバイザーならではの知見をもとに、徹底したヒアリングとピンポイントな求人を提案してくれます。

広告業界やマーケティング職に興味があり、手厚いサポートを受けたい人におすすめのエージェントです。

マスメディアン

マスメディアン

マスメディアン

著名な広告クリエイティブ・マーケティングの専門誌「宣伝会議」のグループが運営する転職エージェントです。

そこからもわかるように、広告・Web・マスコミ関連の職種を専門としていて、4万人を超える転職支援実績があります。

一般企業内のインハウスのクリエイター・マーケッターの求人も多く扱っています。

マーケティング・プロモーション・ブランディングといった方面に関わりたい方なら登録しておきたいエージェントです。

まとめ

Webデザイナーのキャリアアップやおすすめの転職エージェントについて解説してきました。

丁寧なサポートを受けながら転職活動を行いたい人はWebistマイナビクリエイターがおすすめです。

年収アップやエンジニア職の求人を探すならレバテックキャリアもおすすめです。

求人数の豊富さや紹介メインでサクッと決めたい転職慣れしている人ならGeeklyに登録しておくとよいでしょう。

広告業界やマーケティング職に興味があるならシンアドマスメディアンに相談してみましょう。

ただし、最終的には各エージェントが保有している求人の中に希望するものがあるかどうかということと、付いてくれる担当者との相性が影響してきます。

そのため、1つではなく2〜3のエージェントに登録し、その中から自分に合いそうなエージェントを見極めていくことも大切です。

転職エージェントは無料で利用できるので、気になるところが見つかったらまずは登録してみましょう。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る