Googleアナリティクスのメモ機能を活用してちょっと便利に分析しよう

アクセスデータを分析していて、気付いたことなど、ちょこっとメモしておきたいことがありませんか?

紙のノートやPCのどこかのファイルにメモを保存してもよいのですが、Googleアナリティクスのレポート上にメモできたらもっと便利ですよね。

そんな時は、Googleアナリティクスのメモ機能を使いましょう。
メモの作成方法とよくある活用ケースについて紹介します。

Googleアナリティクスのメモ機能とは

Googleアナリティクスのメモ機能は、日付をつけてメモやコメントを残しておける機能です。

1つのメモにつき、160文字までのテキストを入力できます。
ガッツリとした内容を書くのではなく、簡易的なメモとして手軽に残しておくことができます。

保存したメモは、他のメンバーにも見てもらうことができるので、複数人でGoogleアナリティクスを利用している時にも便利な機能です。

メモ機能の利用方法

ここでは例として、[ユーザー]→[概要]のレポートからメモを作成します。

メモの作成 グラフ下の下矢印ボタンをクリック

レポートのグラフのすぐ下にある、下矢印マークのタブをクリックして開きます。

[+新しいメモを作成] をクリック

開いたメニュー右側の[+新しいメモを作成]をクリックします。

日付、メモの内容、公開設定を選んで保存

メモ作成画面で、日付、メモの内容、公開設定 の3つを入力して保存すれば完了です。

日付は、メモを残した日というよりも、注目すべきデータが存在している日を選択します。

例えば、Googleアナリティクスにログインしたところ、2日前にアクセスが急増していたことを発見し、その原因について記しておこうと思ったのなら、その2日前の日付でのメモを残します。

メモを残した日をわかるようにする必要があるのなら、メモの内容に記載日を書いておくという方法もあります。

公開設定を「共有」にすると、Googleアナリティクスを共有している(そのビューを見ることのできる)他のユーザーもメモを見ることができます。

「非公開」にすれば、作成者だけが自分のメモを見ることができます。

メモアイコンの表示

メモが作成されると、グラフの日付表示付近にメモのアイコンが追加されます。

メモのアイコンをクリックすると、該当のメモが黄色で表示されます。

メモ欄の右側は、作成者の Googleアカウント (gmail アドレス) が表示されます。

作成したメモにはスターを付けられます。

メモ表示欄の左上の「表示」方式で[すべて][スター付き]を切り替えられます。
重要なメモなどにスターを付けておくなど、 簡易フィルターとして利用できます。

どのレポートメニューでメモを作成したとしても、他のレポート画面にも共通して表示されます。

ここでは[ユーザー]→[概要]でメモを作成しましたが、[集客]→[すべてのトラフィック]→[チャネル]のレポートを開いてもメモを表示できる、といった具合です。

ただし、一部のレポートの画面では表示されず、作成もできません。
主にグラフ表示のあるレポート画面でメモが表示されます。

メモの表示されないレポート画面の例
[ユーザー]→[アクティブ ユーザー]のレポート画面。レポートメニューによってメモは表示されない。

管理メニューからメモを作成する

管理メニューからメモの作成や編集をすることもできます。

作成済みのメモが一覧で表示されるので、過去のメモをザッと確認するのにも管理メニューを見たりします。

Googleアナリティクス 管理画面 ビューメニューからメモを選択

[ビュー]メニューの[メモ]をクリックします。

メモ一覧

メモ一覧が表示され、既に作成済みのメモの編集もできます。

新規メモの作成は[+新しいメモ]ボタンをクリックします。

メモの作成画面

スターの有無、日付、メモの内容、公開設定 を入力して作成します。

メモの活用方法

オーソドックスなメモの活用場面をいくつか紹介します。

アクセスデータの分析や考察

例えば、アクセスが急に増えたり減ったり、通常のアクセス傾向と異なる動き(異常値)があった時などに、分析結果(原因や考察)について簡単に残しておきます。

必要に応じて他のメンバーと共有しておけば、情報共有やコミュニケーションの効率が上がりますね。

マーケティング施策実行の記録

各種マーケティングの施策を開始した日や終了した日、実施結果などを残しておくと、スムースにGoogleアナリティクスで状況が把握できます。

Webサイトの改修・リニューアルの記録

Webサイトに変更を加えたりリニューアルをすると、一時的にアクセスに影響が出ることがあります。

メモを残しておけば、『リニューアルしたことをうっかり忘れ、アクセスの変化の原因特定に無駄に時間を割いてしまった』などのケアレスミスの防止にもなります。

メモは使いやすいように使おう

活用ケースを紹介しましたが、メモの使い道にルールはありません。
自分なりに便利な使い方ができれば、それでOKです。

チームで分析するなら、使っていく中でメンバーとルールを設けてもよいでしょう。

ちょっとした機能だけど、あると便利なメモ機能、ぜひ活用してみてください。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る