転職サイトとの違いは?転職エージェントを使うメリット・デメリット

就職したら定年まで勤め上げる。

今やそれも遠い昔の話、会社に依存するのではなく、個人のスキルを頼りに転職するのが当たり前の時代になってきました。

優秀な人ほど、どんどん転職して自分の市場価値に適正な年収を得ています。

そんな背景も受けてか、最近では転職エージェントを使った転職活動が一般的になってきています。

転職エージェントとは何で、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

転職エージェントの特徴をまとめました。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職支援サービスを提供している事業者のことです。

通常、転職活動は自分で企業の求人情報を探して応募と進めていきますが、転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーが付いてくれて、求人の紹介から転職先への入社まで様々なサポートをしてくれます。

転職活動には結構な労力がかかることや、誰でも転職することが当たり前になってきた時代背景もあり、転職エージェントを活用する方はとても増えています。

具体的な内容は後述しますが、自分一人で行う転職活動をする場合に比べて、転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。

転職エージェントは人材を紹介することで企業側から紹介報酬を得るため、求職者は無料で利用できます。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは求人情報を提供しているサイトのことです。

最近の求人サイトは、自分の経歴や転職の希望条件等を登録しておくことで、マッチした求人情報を自動で通知してくれたり、企業側からスカウトメールが届くといった機能も付いています。

ですが、転職サイトはあくまで求人情報を探すための媒体であり、自分で転職活動を進めていきます。

転職エージェントでは、キャリアドバイザーからサポートを受けたり代行してもらいながら、二人三脚で転職活動を行っていきます。

転職エージェントの利用方法

先述の通り、転職エージェントは無料で利用できます。

まず各エージェントのサイトから会員登録をします。

後日、転職エージェントの会社に行き、キャリアアドバイザーと面談をします。

遠方の場合は、通話・チャット等での面談を実施してくれることもあるので、問い合わせてみましょう。

面談後または後日、キャリアアドバイザーが仕事を探して紹介してくれるので、相談しながら応募する会社を選定します。

応募先が決まったら、応募書類・ポートフォリオの準備、面接対策、日程調整など、様々なアドバイスやサポートを受けながら転職活動を進めていきます。

内定が出た後も、入社するまで各種手続き等のサポートをしてくれます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用すると、自分一人で行う転職活動では得られない様々なメリットがあります。

非公開求人に応募できる

転職エージェントでは非公開求人を扱っています。

これは企業側が何らかの理由で求人を一般に公開したくないためです。

例えば、あらかじめエージェント側で条件に合う人のみをピックアップしてもらう方が効率的な採用ができるという理由もあれば、秘匿性のあるプロジェクトの人材採用のため一般公開はしたくないといった理由の時あります。

自分で探していては見つからない求人に出会えるだけでなく、質の高い求人こそ非公開になっていることが少なくありません。

自分の市場価値を客観的に分析できる

転職活動では自己分析が重要とよく言われます。

しかし、自分自身のキャリアやスキルがどれくらいの市場価値を持っているのか、自分の適性がどこにあるのか、ということは自分自身でもわからないことがあります。

日頃から多くのビジネスパーソンを見ている転職エージェントならば、客観的な立場から分析して、自分の強みや価値を見出してくれます。

企業の内情についての情報が得られる

自分で求人情報を見つけて応募する場合、その会社が実際にどんな会社なのかを調べるのは結構難しいです。

転職エージェント経由であれば、会社の社風・従業員・雰囲気などについて生の情報を得られます。

転職活動の労力を軽減できる

転職活動は結構に骨の折れる作業です。

求人探し、会社のリサーチ、履歴書・職務経歴書の作成、面接準備など、やることは結構あります。

転職エージェントでは、求人紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策などをしてくれるため、転職に慣れていない人ほど心強いサポートと感じられるでしょう。

その他にも、書類の提出や面接のスケジュール調整などの事務的な手続きも自分の代わりにやってくれます。

企業にプッシュしてくれる

自分一人で転職活動を行う場合、書類選考後は面接の出来次第で合否が決まってしまいます。

転職エージェント経由だと、企業に推薦状を書いてくれたり、面接後に企業にフォローを入れてくれます。

こういった援護射撃も含めて内定率を上げるために尽力してくれるのが転職エージェントならではのサービスと言えるでしょう。

年収・条件などについて企業と交渉してくれる

よほどのキャリアを積んだ優秀なビジネスパーソンでもない限り、応募企業に対して給与や雇用条件などについて交渉するのは勇気がいることです。

特に日本は、転職において「交渉が当たり前」の文化ではありませんが、転職エージェントではこれらの交渉事もやってくれます。

あくまで交渉なので必ず通るわけではありませんが、エージェントが自分の代わりに交渉をしてくれるのはメリットと言えます。

転職エージェントのデメリット

メリットの多い転職エージェントですが、デメリットもあるので、あらかじめ理解したうえで上手く活用しましょう。

転職エージェントのペースで進行していく

転職活動の成功率を高めるための諸々のサポートを受けられるわけですが、そのためには担当者とのやり取りが発生します。

登録後の面談、書類提出、面接前の対策、面接後の報告その他、割と蜜にエージェントとのやり取りを行います。

担当者にも動いてもらうわけなので、自分のペースでじっくりと転職活動を行いたい場合はエージェントは合わないかもしれません。

入りやすそうな会社を勧めてくることがある

こちらの希望よりも内定がとりやすそうな会社を勧めてくるような話も聞きます。

入社してもらわないとエージェントに報酬は入らないので、より確実に決まりそうな求人を提案してくるアドバイザーも中にはいるようです。

希望とは違った求人ばかり紹介してきたり、上手く誘導されているように感じたら、担当者を変えてもらうか、別の転職エージェントを利用するようにしましょう。

担当者によってサービスの質が違う

転職エージェントによってそれぞれ特色はあるものの、最終的には担当者によってサービスの質が決まります。

キャリアアドバイザーも人によってキャリアやスキルに差があるし、人同士なので個人の相性も影響してきます。

求人紹介を断られることもある

転職エージェントへの登録自体を断られることはほとんどないと思いますが、登録したものの紹介できる求人案件がないと言われてしまうことがあります。

転職エージェントの対象外の業種・地域・年齢などが理由のこともあれば、求職者の経歴から判断されることもあります。

断られると落ち込んでしまいますが、転職エージェントはたくさんあるので、気持ちを切り替えて別の転職エージェントに登録しましょう。

さらに言えば、転職エージェントを使わない方法もあるので、エージェントに断られたからと言って転職を諦める必要もありません。

転職エージェントを使うと転職活動は効率的に

転職エージェントについて解説してきましたが、メリットとデメリットを比べてみると、デメリット以上にメリットがあると感じたのではないでしょうか?

だからこそ転職エージェントを使った転職活動は一般的になってきています。

また、複数の転職エージェントに登録することでデメリットを回避することもできます。

複数のエージェントを併用すれば、求人の選択肢が増えるのと同時に、担当者との相性やサポートの質も比較できるので、その中から自分に合ったエージェントと進めていけばよいのです。

転職エージェントを上手く活用して、納得のいく転職を実現しましょう。

Webデザイナーのキャリアアップにおすすめの転職エージェント
Webデザイナー未経験でも使いたいおすすめ転職エージェント

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る