初心者でも必須!WordPress SEO by Yoast の設定方法と使い方

SEO対策ができるWordPressプラグインには有名なものでAll In one SEO Packがありますが、それと双璧をなす総合的なSEOプラグインがWordPress SEO by Yoastです。いずれのプラグインも、1つ入れるだけで基本的なSEO内部対策ができます。

プラグイン1つで総合的なSEO対策ができる!

WordPress SEO by Yoast

WordPress SEO by Yoastのおじさんは、機能が豊富なので、一部に知識が必要な設定もありますが、初心者の人でもデフォルトの設定を少し変更するだけで、十分その恩恵を受けることができるプラグインです。

最近、日本語対応(一部英語表記)もされたので、読めば大体の意味はわかります。設定と使い方を覚えて、あなたのWordPressサイトのSEO周りを整えましょう。

WordPress SEO by Yoastの設定と使い方

ダッシュボード

WordPress SEO by Yoastのダッシュボード

トラッキング

匿名でプラグイン作成者にデータを提供する場合はチェックをします。プラグイン開発の協力をすることができます。

セキュリティー

リダイレクト機能を管理者以外が使えるかどうかについての設定。デフォルト(チェックあり)のままでOKです。

Webマスターツール

各種Webマスターツールの認証を行うことができます。サイトの所有権を確認するために必要です。プラグインを使わなくても認証はできます。認証できればどちらでもOKです。GoogleとBingは登録しておきましょう。

BingWebマスターツール
GoogleWebマスターツール

取得した認証IDを入力すると、以下のようなmetaタグを書き出してくれます。

<meta name="google-site-verification" content="Google用認証ID(英数字)" />
<meta name="msvalidate.01" content="Bing用認証ID(英数字)" />

タイトル&メタ

タイトル&メタの一般的な設定

タイトルの設定

チェックを入れることで強制的にプラグイン側での設定に書き換えることができます。プラグインでの設定通りに表示される方がわかりやすいのでチェックしておけばよいでしょう。

Title Separator

タイトルのページ名とサイト名の間などに利用するセパレータの記号を選択できます。タイトルと説明文を設定する時に「%%sep%%」を記述した箇所に表示されます。

サイト全体のメタ設定

meta keywordsを設定したければ「メタキーワード(meta keywords)タグを使用しますか?」にチェックを入れます。その他はデフォルトのままでかまいません。noodpやnoydirは該当のディレクトリサイトに登録されている場合はお好みでチェックすればよいでしょう。

<head> をクリーンアップ

headタグをクリーンアップ

WordPressがheadタグにデフォルトで書き出すmetaタグの一部をコントロールできます。RSDやWLW Manifestは外部のアプリケーションなどを使って投稿する時に必要なタグなので、使わない場合はチェックしてしまってOKです。ここは全てにチェックしてしまってもよいでしょう。

『ホーム, 投稿タイプ, 分類, その他』タブ

タイトル&メタの各設定

タイトルや説明文(meta description)を、投稿やアーカイブなどページの種類ごとにどのように表示するかを設定することができます。任意のテキストまたは変数を使います。初期設定も参考にしながら変更しましょう。

meta descriptionのSEO効果については『忘れがちなSEO? meta descriptionでクリック率を上げる方法』で説明しているので参考にしてください。

使える変数については画面右上にある『ヘルプ』→『Basic Variables』『Advanced Variables』で確認できます。

WordPress SEO by Yoastで使える変数

meta robotsのno index, followについては、重複コンテンツの観点からGoogleにインデックスさせないページにチェックをいれます。当ブログでは「メディア、タグ、フォーマット、日付アーカイブ、作成者アーカイブ」にチェックを入れてGoogleのインデックスから除外しています。

WordPress SEOのメタボックスは、投稿やカテゴリー、タグ、メディアなどそれぞれの個別の編集画面で表示されます。表示させたくなければチェックを入れます。少なくとも投稿や固定ページは使用することもあると思うので、表示させておきましょう。

投稿と固定ページ編集画面でのメタボックス設定

投稿と固定ページの編集画面にはメタボックスが表示されます。個別の投稿やページごとに設定をすることができます。検索結果でのプレビューも表示されます。個別の投稿と固定ページの編集画面で設定したものは、『タイトル&メタ』での設定を上書きすることができます。必要な場合のみ個別に設定をすればOKです。

WordPress SEO by Yoastのメタボックス

カテゴリー、タグ、メディアなど、その他の種類の編集画面でもそれぞれメタボックスが表示されます。これらも必要な時に設定をすればOKです。

ソーシャル

ソーシャルのOGP設定

twitter、Facebook、Google+ でシェアされた時に、画像付きでシェアすることができます。タイムライン上で目立つので、チェックを入れておきましょう。

twitter、Facebookページ、Google+ページがある場合はその情報も入力します。それぞれのSNSのページを持っていなくてもチェックを入れておけばOGPタグは出力してくれます。ただし、twitterで表示させるには、Card validatorで申請を行わなければいけません。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップ設定

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、検索エンジンにサイトマップを伝えるためのファイルです。人が見るサイトマップ(のページ)とは別物です。Googleのインデックスを促進するために必ず設定しましょう。

User sitemap

WordPressのユーザーごとのサイトマップを作成する場合はチェックを外します。1人で利用する場合やユーザーごとのサイトマップを作成する必要がなければ不要です。

一般設定

GoogleやBingにはPing送信してくれるのでデフォルトのままでかまいませんが、お好みでチェックを入れてもかまいません。ここで表示されているYahoo!は海外のYahoo!と思われます。

投稿タイプを除外、分類を除外

XMLサイトマップの除外設定

『タイトル&メタ』で設定したインデックスしないページについては除外してしまいましょう。

パーマリンク

パーマリンク設定

既存サイトの場合、パーマリンク(URL)関連を変更することはリスクを伴うこともあるため、設定はデフォルトのままでかまいません。変更する場合は充分注意しましょう。

内部リンク

内部リンク設定

パンくずリストの設定です。パンくずリストはホームページ内の現在位置を教えてくれるナビゲーションですね。

パンくずリスト例

phpファイルへの記述が必要となります。phpファイルの任意の箇所に以下のコードをペーストします。

<?php if ( function_exists('yoast_breadcrumb') ) {
yoast_breadcrumb('<p id="breadcrumbs">','</p>');
} ?>

RSS

WordPress SEO by YoastのRSS設定

RSSに任意のテキストを挿入することができます。RSS配信を自動で取得するサイトがあるため、オリジナルの作成者が誰なのかを明記しておくと、コピーコンテンツ対策になります。

デフォルトだと少し日本語がわかりにくいかもしれないので「%%POSTLINK%%は%%BLOGLINK%%によって作成された記事です。」などわかるように変更しておけばよいのではないでしょうか。

WordPresはRSS配信について、抜粋か記事全文かのいずれかで配信することができます。これも盗用や無断転載の被害に備えて抜粋表示にしておきましょう。設定はWordPressメニュー『設定』→『表示設定』で変更ができます。

WordPressメニュー『表示設定』

WordPressのRSSの表示方法設定

インポートとエクポート

別のサイトから設定を移行したり、他のSEOプラグインの設定を移行することができます。また、バックアップとして設定後にファイルをエクスポートしておくのもよいでしょう。

Bulk Editor

個々のページのタイトルと説明文(description)の一覧です。この画面から個別のタイトルと説明文をまとめて編集することができます。

Edit Files

robots.txtファイルと.htaccessファイルを編集することができます。これらのファイルはサーバーやWebサイトの制御をするファイルなので、やや上級向けの機能です。知識がある場合のみ利用しましょう。

プラグインでSEOの細かい作業負担を軽減する

SEO対策をしようとすれば、ソースの修正が必要になりますが、WordPress SEO by Yoastを使えば、ソースをいじらなくても基本的なSEO対策ができます。SEOに詳しい人でも実作業は面倒なものが多いので、プラグインで作業負担を減らすことができますね。おすすめのプラグインです。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る