コンテンツマーケティングって何? ネット集客初心者でもわかるように説明してみた

《ネット集客の歩き方》では、ブログ集客について、たくさんの記事を書いています。
なぜ、ブログが集客に向いているのか、きちんと理解していますか?

実は、ブログ集客は現在のスタンダードなインターネット集客の手法です。
そして、それは「コンテンツマーケティング」と呼ばれています。
そう、今、激アツなWebマーケティングなのです、、、

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、見込客にとって有益で価値を感じられるコンテンツを発信することで、注目してもらい、同時にコンテンツ提供者への信頼を生み出し、結果的に商品・サービスの購入に繋げていくWebマーケティングの手法のことです。

自分中心 VS ユーザー中心

一般的なホームページ(コーポレートサイト)は、自社のアイデンティティを表すページや、商品・サービスに関する説明ページなどを中心に構成されています。いわば、自分目線のサイトですよね。

対してコンテンツマーケティングは、ユーザーはどんなコンテンツを喜んで見てくれるだろうかという視点で考え、コンテンツを発信していきます。

こちらは、ユーザー目線のサイトということですね。

このように、そもそもの考え方やコンセプトが違っていますね。

オウンドメディアとは

コンテンツマーケティングでは、コンテンツを発信するための専用のサイトを、ホームページとは別に起ち上げることが一般的です。

このコンテンツマーケティングに使うWebサイトを、オウンドメディア(自社メディア)と言います。

コンテンツの発信を目的として起ち上げたメディアサイトということですね。

コーポレートサイトとは、明確に違う位置付けのものです。

集客の入り口はコンテンツを見てもらうこと

ホームページとオウンドメディア、それぞれWebサイトを区別することで、サイトのユーザビリティ(使いやすさ)を維持したり、ユーザーに与える印象も区別することができます。

オウンドメディアは、コンテンツを見てもらうためのサイトなので、直接的な売り込みや宣伝をすることはしません。

すぐに売り込もうとするのは、今の時代では通用しなくなってきている、ということです。

ソーシャルメディアとの関係性

コンテンツマーケティングが、ここまでスタンダードな手法となった1つの背景には、SNSの普及が影響していることも考えられます。

ユーザー目線でコンテンツ中心のWebサイトと、SNSとの相性は非常に良いです。

ニュースサイトの記事などを思い浮かべればわかりますが、SNSでシェアされるのは基本的にコンテンツ単位ですね。

SNSからオウンドメディアに誘導する

SNS上でコンテンツがシェアされ、そこからサイトへのアクセス数が増えるため、アクセス流入の手段(今では当たり前)として、コンテンツマーケティングの広がりの追い風となったと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの実体

今度はシステム的な観点から、コンテンツマーケティングを考えてみます。

コンテンツマーケティングのWebサイトがどのように作られているのかというと、その多くは、WordPressというシステムを使って作られています。

WordPressというのはCMSの一つですが、平たく言うと、ブログシステムの一つです。わかりやすく言えば、コンテンツマーケティングの実体はブログが基本ということになります。

コンテンツマーケティングにおけるブログの使い方

システムとしてはブログですが、日記を書いたり、単に自己主張をするためのブログとは主旨が異なります。

ユーザー目線で価値を感じてもらえる有益なコンテンツを提供するからでしたね。

当サイト《ネット集客の歩き方》も、ブログ集客について、多くの記事を書いていますが、やはりコンテンツマーケティングという認識で『ブログ集客』としています。

反対の言い方をするならば、ブログ集客で目指すべきものはコンテンツマーケティングということです。

コンテンツマーケティングのためのブログはどんなブログにしたらよいでしょうか?それについては、

以下の記事 をご覧ください。

『ブログを始めるならどこのブログを使えばよいですか?』という質問は本当によくいただく質問です。無料のブログサービスはたくさんありますね。アメ…

コンテンツマーケティングは集客に向いている

コンテンツマーケティングは集客に向いています。

ユーザーが見たいのはコンテンツ。なので、アクセスを集めやすいということですね。

反対に、コーポレートサイ単体では、集客が難しくなってきています。

アクセスを集めることは、Webマーケティングにおいて生命線になりますが、Web上からアクセスを集める方法は、大きく分けると3つあります。

  • SEO
  • SNS
  • 広告

コンテンツマーケティングは、このうちの2つ、SEOとSNSをカバーすることができます。

1. 検索結果からのアクセスアップ(SEO)

Googleは、ユーザーにとって価値のあるページ(コンテンツ)を評価してくれます。

コンテンツマーケティングも、ユーザー中心で考えたコンテンツを提供していきます。

Googleは、たくさんの良質なコンテンツを保有しているWebサイトを価値あるサイトして評価してくれます。

コンテンツマーケティングはブログ型なので、コンテンツが蓄積されていくほど、充実したWebサイトに育っていきます。

おわかりですね?

コンテンツマーケティングは、SEO(検索順位を上げること)を行う上でも、現状、最適な手法というわけです。

ユーザーの満足は、Googleの満足でもあるのです。

Googleの検索アルゴリズムが進化し、SEOの順位付けにおいて、コンテンツの質を重視する傾向が強くなってきました。

それもまた、コンテンツマーケティングが注目される大きな理由となっています。

検索という行動は、自ら目的意識を持っているため、「質の高いアクセス=見込客」を集めることができます。

必ず知っておいてほしいSEOの基本は、いかの記事を読んで理解しておきましょう。

Webマーケティングの業界では、ここ数年で、コンテンツマーケティング、インバウンドマーケティング、オウンドメディア、といった言葉が注目される…

2. SNSでのシェアによるアクセスアップ(拡散効果)

SNSのタイムライン上に流れているのは、個人の投稿と、シェアされたコンテンツですよね。(広告もありますが。)

ユーザーが価値を感じるコンテンツは、SNS上でシェアされやすいので、コンテンツをアップしていけば、それだけシェアされて拡散効果で広がり、アクセスを集めていくことができます。

また、スマホの普及も大きく影響しています。スマホとSNSの相性が抜群なのは、もはや説明不要ですね。

『ネットを使って何をしているのか』という調査で、最も長く利用しているのはSNSを利用している時間、という結果も出ています。

SNSユーザーの1日のインターネットサービス利用時間を調査した ところ、 Twitter・Facebook・mixi ・LINEなどのSNS (ソーシャル ネットワーキングサービス)の平均利用時間が78分と最も多くYaho o!・Googleといった検索・ポータルサイトやYouTubeなどの動画サ イトを超える利用時間であることが分かりました。

インターネットサービスの1日の平均利用時間は219分。利用時 間が長いサービスは、1位のSNSに続き、検索・ポータル50分、動 画50分、オンラインゲームサイト22分、ブログ10分、企業公式 ホームページ10分という結果となりました。

SNSが生活者の日常的な情報接触の主役となっていることが分かります。

出典:  「全国ソーシャルメディアユーザー1000人調査」第二回分析結果報告

SNS経由のアクセスは、検索ユーザーとは属性が違いますが、拡散効果で潜在顧客にリーチすることができます。

中小企業や個人事業主こそコンテンツマーケティング

広告費をかけずに集客できる

中小企業や個人事業主など、潤沢な広告費をかけられずにビジネスをしている方はたくさんいます。

むしろ、数で言えば圧倒的に多いかもしれません。

しかし、コンテンツマーケティングを実践していけば、広告費をかけなくてもネット集客を実践していくことができます。

これまで広告費を使ってアクセスを集めていた企業もまた、コンテンツマーケティングに取り組み、広告費の削減をしようとしているくらいです。

王道ネット集客

コンテンツマーケティングは、今やスタンダードなネット集客の方法です。

これからネット集客に取り組むなら、コンテンツマーケティングを始めていきましょう。

もし、集客するために一般的なホームページを作ろうと考えているなら、予算に余裕がある場合を除き、それは後回しでかまいません。なぜなら、集客に最適ではないから。

『ブログでは反応がとれない』と考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。ブログからでも充分に反応を取ることができます。

コンテンツマーケティングのためのブログを作成して、ネット集客をしていきましょう。

好きなお客さんだけを集めてくれるネット集客の方法

こんな集客ができたら良いと思いませんか?

・広告費をかけられなくても集客できる
・継続的に集客できる
・値下げ要求をされなくなる(応じる必要がなくなる)
・クレームや料金外の対応に悩まされなくなる
・あなたが望む理想のお客さんを自然と集められる
・売りたい時にいつでも売ることができる

難しいテクニックやノウハウを必要としなくてもインターネットを使って実現する方法があります。

詳しくはこちら

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る