コレだけは知っておきたいWebマーケティング用語 – メディア・ツール編

最低限知っておきたいWebマーケティング用語を集めました。今回はメディアやツールに関する用語解説です。

Webの初心者、これからWeb集客を始める方、よく知らないけど何となくそのままにしてた、なんて方は確認しておきましょう。

Webサイト

日本ではホームページという呼び方の方が浸透していますが、正しい呼び方としてはWebサイトです。ちなみに、本来の意味では、ホームページというのは、PCのアプリケーションのブラウザを起ちあげた時に表示されるページのことを指す言葉です。

トップページ

ホームページの最上位階層のページです。通常は、http://example.comでアクセスできるページになります。

above the fold(アバーブ・ザ・フォールド)

ホームページにアクセスした時に、スクロールせずに表示される領域のことを指します。「ファーストインプレッション」という言い方をされることもあります。

ホームページを見てもらえるかどうかは、このabove the foldを数秒見て判断されるとも言われるので、とても重要です。

ランディングページ

LP(エルピー)とも言います。ランディングは着地を意味します。
ユーザーが最初にアクセスしたページのことを指しますが、広告用のページとして作られる縦に長いページのこともランディングページと言います。どちらの意味でもよく使われます。

レスポンシブWebデザイン

ホームページのスマートフォンやタブレットへの表示対応をする手法の一つです。大きさや表示領域の違う様々なデバイスに対し、一つのページ(のファイル)で対応します。これによってファイルを一元管理することができます。

レスポンシブではなく、スマートフォンに対応する場合は、同じコンテンツのスマートフォン用のページを別途作成します。

検索エンジン

Google、Yahoo!でお馴染みの検索システムのことです。他にも、中小検索エンジンと呼ばれるたくさんの検索エンジンサイトが世の中には存在しています。Microsoftが運営しているBingという検索エンジンもあります。日本でのシェアはわずかです。

ポータルサイト

元々は、インターネットにアクセスする際に「入口、玄関」となるページのことを指します。日本では昔から、Yahoo!のサイトから始める人が多いですね。

検索エンジンやリンク集、ニュース、トピックスなどの様々なコンテンツが掲載されていることが多かったことから、大量のコンテンツを保有しているサイトもポータルサイトと言われるようになりました。

ブログ

”ウェブログ”というのが正式名称です。ログは「記録」のこと。日記であったり、個人の見解を述べるようなサイトを指します。コメントを残す機能がついているサイトも多くあります。PCの基本操作ができれば記事を投稿できるシステムを組み込んでいるのが一般的です。

CMS(Content Management System)

テキスト・画像などを管理して構築できるシステム。Webページ作成の専門知識がなくても、記事の投稿や更新ができます。ブログもCMSです。
Webの代表的なCMSに、WordPress、MovableType、Concrete5などがあります。中でもWordPressは現在最もポピュラーなCMSです。

SNS(Social Network Service)

直訳するなら、「社会的な繋がりを生み出すサービス」といったところでしょうか。
facebook、twitter、Google+、LINE、Instagramなどなど、今まさにSNS全盛の時代です。ソーシャルメディアというのは、各サービスが提供する媒体のことです。

ソーシャルメディアを使うことで双方向コミュニケーションによる交流が特徴です。ブログもまたSNSの1つと言えるでしょう。

オウンドメディア

直訳すると「自前メディア」です。
ホームページやブログはオウンドメディアです。しかし、jimdoやアメブロやなどはプラットフォームが各サービス提供会社が所有しているものなので、オウンドメディアではありません。

最近よく耳にするオウンドメディアですが、この場合は主に情報コンテンツを発信するメディアと言う意味合いで使われます。新しく誕生したメディアではなく、存在価値や利用価値が見直されてオウンドメディアという言葉も広まるようになりました。

ドメイン

インターネット上の住所で、example.comといったホームページのURLを指します。
同一のドメインを重複して登録することはできないので、ドメイン名は早い者勝ちです。存在していないドメイン名であれば、任意の名前で取得できます。

ドメインを取得した日からの期間を、「ドメインエイジ(ドメイン年齢)」と言います。SEOに関する話題でよく出てくる言葉です。

Googleアナリティクス

Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。無料でありながら非常に高機能です。規模の大きなサイトなどでなければ、基本Googleアナリティクスを入れておけばOKです。

Googleサーチコンソール

旧名は「Google Webマスターツール」です。
ホームページに関する様々な状況を監視できます。SEOのパフォーマンスを把握するのにも役立つツールです。Googleアナリティクス同様、ホームページを運営する上では必ず利用すべきツールです。その他、Microsoftが運営しているBingにもWebマスターツールがあります。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る