コレだけは知っておきたいWebマーケティング用語 – マーケティング編

最低限知っておきたいWebマーケティング用語を集めました。今回はマーケティングに関する用語解説です。

Webの初心者、これからWeb集客を始める方、よく知らないけど何となくそのままにしてた、なんて方は確認しておきましょう。

コンバージョン(CV)

コンバージョンとは、成約のことです。CV(シーブイ)とも言われます。
ホームページにはゴールとなる指標があります。お問い合わせ、メルマガの登録、商品の購入など。そういったサイト上のゴールを達成することを「コンバージョンする」といいます。

GoogleAnalyticsなどのアクセス解析ツールで、あらかじめコンバージョンを設定しておくことで計測できます。

コンバージョン率(CV率)

成約率とも言います。
ホームページに訪れた人のうちどれくらいの割合でコンバージョンしてくれたかという数値を%で表します。例えば、100人のアクセスがあって1人コンバージョンしたら1%です。

直帰率

ホームページにアクセスした人が、別のページに遷移することなく離脱した割合です。
アクセスしたページを見てそのまま離れていくのが「直帰」なので、直帰率が高ければサイトを改善する必要ががあると推測できます。アクセス解析で計測できます。

CPA(Cost Per Acquisition)

顧客獲得単価のことです。広告を使っている場合には必ず計測する指標です。
Webの場合はゴールがフォーム送信などの「行動」として計測されるため、同じCPAという言葉でも”Cost Per Action”とも言われます。CPO(Cost per Order)は「注文獲得単価」です。

CTA(Call To Action)

日本語にすると「行動喚起」となります。ホームページに訪れた人に対して、取って欲しい行動を明確に示すことは非常に重要です。「お問合せ」や「カートに入れる」など目立つようなボタンになっていることが一般的です。

ホームページならばボタンやフォーム、DMやチラシであれば申込用紙など、行動の手段となるものを「レスポンスデバイス」と呼びます。日本語で訳すと「反応装置」といったところです。

インバウンドマーケティング

広告を使って宣伝をするのではなく、ユーザーが自ら探している時に、見つけてもらうという考え方です。見つけてもらいやすくするためための施策や、そこから見込み客を獲得する施策などの一連のマーケティングです。

SEO対策やソーシャルメディアなどを使って見つけてもらうこともインバウンドマーケティングです。

コンテンツマーケティング

有益なコンテンツを配信し、ターゲットの興味・関心を引き、顧客を獲得していくマーケティングです。コンテンツの配信を軸に見込み客と関わることで、購買行動を引き起こすことができます。

最近注目を集めている言葉ですが、その手法自体は新しいものではありません。例えば、ブログやメルマガで情報発信をして見込み客を集めることもコンテンツマーケティングです。

Webマーケティングにおいては、広告、ブログ、動画、ソーシャルメディア、スマートフォンなど、ツールありきのマーケティングが話題になることが多いですが、それも多種多様化してきたことで、それらの様々なツールを活用するための一貫したマーケティングのコンセプトとして定義された言葉と言えるでしょう。

コンテンツSEO

質の高いオリジナルコンテンツを作成して自然検索からの流入を増やしていく考え方のSEOです。

以前のSEOの主流となるテクニックは、被リンクを集める対策方法でした。しかし、お金でリンクを買ったり、大量の自作自演の被リンク集めなどが横行したことで、Googleロボットのアルゴリズムもその対策をしながら進化し、故意のSEO外部対策はどんどん効果がなくなっています。

そのような背景を受けて、コンテンツSEOと言う言葉が使われるようになりました。言ってしまえば、至極真っ当なSEO対策がコンテンツSEOです。

ロングテールの法則

Amazonなどのネット通販の売上の傾向として注目されるようになった言葉で、『売れ筋商品よりも、そうでない商品が、全体の売上の大半を占めている』現象のことを指します。

同じように『アクセス数の少ない検索キーワードからのアクセスが、全体のアクセスの大半を占めている』状況がWebサイトでも起こることから、メジャーなキーワードでの上位表示よりも、マイナーなキーワードで数多く上位表示させるSEO対策を「ロングテールSEO」と言います。

バズる

英語の「Buzz」からきているネット用語。
Buzzは「噂話をしている」といった意味合いの英語で、口コミが起きたり、ネット上で話題になることを指します。ネットで口コミを起こして注目してもらうマーケティングのことを「Buzz Marketing」と言ったりもします。

リードジェネレーション

「リード」とは見込み客のことで、「リードジェネレーション」は見込み客獲得のことです。例えば、無料の会員登録やメルマガ登録などで、メールアドレスなどの個人情報を取得して見込み客を獲得することなどです。

また、見込み客を顧客に転化していくマーケティングの施策を「リードナーチャリング」と言います。

LTV(Life Time Value)

日本語では「顧客生涯価値」と言います。顧客一人あたりから、生涯にわたって得られる収益の指標です。

実際には生涯にわたる金額を算出することが現実的でないこともあるため、3ヶ月、半年、1年、3年、、、など一定の期間を決めて算出します。

この考え方・指標を取り入れていれることで、CPAを高めに設定したりと積極的なマーケティングが可能となります。TCV(Total Customer Value)という言い方もあります。

USP(Unique Selling Proposition)

日本語では「独自の売り」と言われます。
独自の強みを明確にすることで、競合との差別化を図り、マーケットにおける優位性や独自性を示します。USPはそれを端的に表すフレーズ・キャッチコピーとして用いられます。

オファー

オファーとは「取引の提示」です。条件を提示して取引を持ちかけることです。
例えば、クーポンもオファーです。『割引をするから来店してください』というオファーですね。オファーをすることで、反応を促すことができます。

フロントエンド、バックエンド

フロントエンドは、新規客に最初に売る商品です。お試し価格や無料お試しもフロントエンドです。フロントエンドを売ることで、その後のリピート購入や高価格帯商品の販売(バックエンド)を行いやすくします。

マーケティングで最も難しいのは、最初の購入をしてもらうことです。一度購入してもらった相手に追加の購入を促す方が簡単です。そのため、本当に売りたい商品や利益率の高いサービスなどはバックエンドにし、フロントエンドでは買いやすい商品を設定します。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る