ホームページのコンテンツは読まれていないという間違い

『ホームページのテキストなんて読まれてないよ』と言う方がたまに(結構?)います。要するに、反応がとれてないということなんでしょうね。。。

しかし、何をもって「ホームページのテキストは読まれてない」と思うのか。この辺をどう分析するかで、その後の集客は変わってくるように思います。マーケティング的な視点で考えているかチェックしておきましょう。

100人いて100人が見てくれることはない

まず、どんなに集客やセールスがうまくいっているホームページでも、満場一致で全員が反応してくれるということはありえません。

例えば、ホームページの成約率であるコンバージョン率。基本的には0.数%〜数%という世界です。しかも、ここの数字は、わずか0.何%か変わるだけで、売上は全く変わってくる、そういう数字です。

ホームページの反応率に対して判断基準を持っていない?

数字を見るのは嫌いですか?
私も数学は苦手ですから気持ちはよくわかります。しかし、数字ほど正確にビジネスの状況を教えてくれるものは他にありませんし、たくさんのヒントがそこに隠れています。

反応があるからと安心していたら、費用対効果は実は悪く、利益はあんまり残らない、なんてことも起こりがちです。逆に反応は期待したほどでもないけど、費用対効果は悪くない、ということだってあります。

それらがわかれば、打つ手は考えられます。これは数字を見なければわからないことです。なんとなく感覚だけで、『ホームページは〜』と考えてしまう人は意外にも多いように感じます。

1人を反応させることができれば、100人の反応をとることはできる

これは単にポジティブに考えているとかそういう話ではありません。

「どれだけの人に見てもらえばどれくらいの反応があるのか」ということをロジカルに考える必要があるということです。体感的な印象で捉えてはいけないということですね。

100人で1人の反応があるとわかれば、1000人、1万人とアクセスを集めていけば、10人、100人と反応が増えていくだろうことは、すぐにでも計算できますね。

ならば試しに、1000でも2000でもアクセスを集めて、10人、20人の反応がとれるかどうかを検証してみればよいわけです。そこで、確率が変わらなければ、反応率が大方わかってきます。

費用対効果に問題があれば「100人に1人」を「100人に2人、3人」というように、コンテンツを改善することが必要だという問題提起をすることもできます。

マーケティングにおいて数字は重要

客観的にビジネスの状況を把握するには数学は不可欠です。数字・データを基に考えれば、根拠のない戦略や自分の気持ちだけで先走ってしまうということが少なくなります。

『ホームページのテキストなんて読まれてないよ』と言っていた方も、分析・改善はしていないからこのようなことを考えていたのでしょう。つまり、印象だけで結論付けてしまったと。

ホームページのテキストは読まれてる

ここまで、数字の話をしてきたように、「99人は読んでくれない」と数字を見るか「1人は見て反応してくれている」と数字を見るか、どっちで捉えるかです。

ちなみに、反応しない人の数字の割合の方が多いのは、どんな広告でもそうです。。。

だったら、あなたの商品・サービスをドンピシャで求めている人に対し、きちんと魅力を伝えて売れればよいですよね。少なくとも、そういう人は真剣に商品・サービスを検討している人なので、コンテンツも見てくれています。

読んでくれる人、読んでもらいたい人は誰なのか、
その人に響くコンテンツはどんなものか、
そこにどういう数値目標を立てるのか、
ザックリでいいので考えておかないと、データに翻弄されてしまいます。

あなたは、お客さんにならない99人ではなく、商品・サービスを本当に探している1人の人のためにマーケティングをしていますか?

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る