マーケティング力を上げるために必要なたった1つのマインド

経営者たるもの自分のビジネスを成長させていかなければいけませんね。

ビジネスを成長させるには、商品・サービスをどんどん売っていかなければなりません。

ガンガン売っていくためには、マーケティング力が必要になることはその通りなのですが、その前提として、あるマインドを持っている必要があります。

そのマインドがなければ、自分でビジネスを起ち上げて、自ら売っていく行為と矛盾してしまう、なんてことになるかもしれません。

経営者にあるべきでないマインド

例えば、営業マンがやってきた時に、鋭い眼差しで相手の顔を睨みつけては、あからさまに警戒するような人はいますね。

中には悪質なことをする人がいるので、気持ちわかります。

ですが、このようなマインドは経営者としては少し思い直してもいいのかもしれません。

なぜかというと、売られることに対してネガティブなイメージを強く持っているからです。

経営者は商品を売る方法を考えなくてはならない

経営者である以上、売っていかなければなりません。自分もまた相手に同じことをするのです。

良い商品・サービスであることは前提での話ですが、マインド一つで売り方や提案力、マーケティングは大きく変わってきます。

セールスにネガティブな考えしかなければ、当然その部分は弱くなりますよね。

結果として、価値のある商品・サービスを提供しているにもかかわらず、下手に出て買ってもらったり(お願い型営業)、値段を下げることで買ってもらおうという発想につながってしまいます。

罪悪感が感じるのだから、そうなってしまうのもしかたがないことですね。

本当は自分自身の意思で買っている

『売りつけられた』『無理矢理買わされた』みたいな言葉を使う人がいますが、果たして本当にそうでしょうか?

例えば、売り主が目の前に凶器を突きつけて、『買わないとどうなっても知らんぞ!』と脅迫でもするでしょうか?

そんなことは基本的にはありませんよね。(詐欺や悪質・強引なものは除きます)

ということは、自分で買うか買わないかは選択しているはずです。

ついつい買ってしまったとしても、それは自分自身の判断です。こんな言葉があります。

人は感情でものを買い、理屈で正当化する

その最たるものが衝動買いですよね。

きっとあなたも、『よくよく考えたら本当に必要というわけでもないが、買ってしまった」という経験はあるのではないでしょうか。

人がものを買う時は感情で買います。

そして、後悔したくない、あるいは自分の行動が正しかったと思うために、そこに理屈をつけて納得しようとします。

つまり、自分が買ったことを売り手のせいにするのだとすれば、それは自分の判断の責任を転嫁している、いうことになりかねないのです。(繰り返しますが、詐欺や悪質・強引なものは除きます)

マーケティング力を上げるには

さて、本当に伝えたいことはここからです。

経営者として、マーケティングやセールスを強化するには、「人は感情でものを買う」という点を理解しておく必要があります。

それは、宣伝用のキャッチコピーやコピーライティングかも知れませんし、営業マンや店員さんのプレゼンテーションかも知れません。

売りたいなら売られよ

マーケティングに強くなるには、まず、自分自身が売り手側のやり方を見てみることも必要です。

営業でも、店員さんでも、チラシやDM、Webサイト、メルマガなどの手法を目にして、自分自身が思わず買ってしまったものや、買いたい衝動に駆られた経験を分析してみることが、とても意味のある経験になります。

マーケティングが机上の空論になってしまう

頭から「売り込みお断り!」とブロックしてしまうようなマインドだと、裏を返せば、自分自身の商品・サービスを自信を持って売る方法のヒントを得ることができません。

従業員ならともかく、経営者としては非常に惜しいことです。

マーケティングやセールスの知識・ノウハウをいくら吸収しても、そもそもマインドが矛盾してしまっていれば、実行には移せません。

やりたくないことはできないものです。

お客さんの気持ちを知るには

それに「売られる」と言う経験は、お客さんの気持ちになるということでもありますね。

普段の生活やビジネスをする中で、「売られる」機会を、可能な範囲で意図的に作ってみるのも大切だと感じます。

最終的には自分の意思なのですから、実際には買わなくてもいいのでしょう。

「なぜ買いたいと思ったのか」「買いたくなったきっかけ(トリガー)はどこにあったのか」という体験をすることが目的です。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る