店舗集客に超おすすめ!Googleインドアビューでお店の中をみてもらおう

Googleインドアビュー

Googleマップ ストリートビューの屋内版であるインドアビュー。導入方法は?料金は?これからのマストな集客施策になるかも。店舗型集客の経営者は必ずチェックしておきましょう。

Googleインドアビューとは

Googleストリートビューをご存じですか?Googleマップでさながらそこを歩いているかのように風景を見ることができるとっても素敵な機能ですよね。私も最初に見た時は感動したことを覚えています。

ストリートビューは「ストリート」という名前のごとく、屋外の風景なのですが、その屋内版とも言うべきサービスをGoogleが開始しています。それがGoogleマップのインドアビューです。Googleマップ、Google検索、Google+で表示されます。

Googleインドアビューのメリット

来店型ビジネスをされている方なら、お店に来る前にも店内の様子をみてもらうことができます。店舗ビジネスであれば、お店の造りや雰囲気はとても重要な要素ですので、インドアビューを導入することで得られるメリットは大きいでしょう。

誰でも、始めて入るお店には抵抗を感じますが、2回目以降は抵抗なく来店できますよね?見込客にとっては、よりリアルに近い感覚で店内を見渡すことができるので、「お店に入るまでわからない」という心理的なハードルを、インドアビューで軽減してくれる効果がありますね。

Googleマップと同様に、インドビューはかんたんにホームページにも埋め込むことができるので、そのままリッチコンテンツとしても活用することができる、一粒で二度美味しいサービスですね。

インドアビューに効果的な業種

  • レストラン、飲食店
  • 美容室、理容室
  • エステ、サロン
  • 整体、マッサージ
  • 歯科、病院
  • 動物病院
  • 介護施設
  • ホテル、旅館
  • スタジオ、ホール
  • 美術館、博物館
  • 塾、教室
  • その他ショップ

などなど、非常に多くの業種で効果を期待できるでしょう。また、企業・会社の採用活動で、オフィスや設備を公開するなど、アイディア次第で色々と活用方法はありそうですね。

導入は料金がかかる?

インドアビュー撮影

インドアビューは料金がかかります。と言っても月々いくらと継続的に課金されるものではなく、技術的な撮影のために初期費用がかかるだけです。

撮影はお近くのGoogle認定パートナーを見つけて、依頼をすれば、後日撮影に来てくれます。撮影から公開のための手続きも認定パートナー側で行ってくれます。導入にはあらかじめGoogle+ページのアカウントを用意しておく必要があります。その他詳細については認定パートナーに確認しましょう。

インドアビューの認定パートナー

料金は認定パートナーによって異なるようですが、2,3万くらいでも導入できるようです。認定パートナーは検索できますので、探してみましょう。

店舗集客にいち早く導入すれば先行者利益も

Googleインドアビューについては、あれこれ説明しなくても直感的にメリットを感じていただけると思います。まだまだ導入している競合は少ないので、費用はかかるとはいえ、今のうちに導入すれば先行者利益は十二分に得られそうです。今後マストな集客施策になっていきそうですね。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る