SEOにおける重複コンテンツの意味とその扱い

重複コンテンツという言葉を聞いたことがあるでしょうか。SEO対策をする上では知っておきたいルールの一つです。重複コンテンツの意味と、重複コンテンツが実際のところGoogleによってどのように扱われるのか、きちんと理解しておきましょう。

重複コンテンツとは

重複コンテンツとは、別のページでありながらも、内容が全く同じ複製かほとんど同じコンテンツのことです。Googleは重複コンテンツをひとまとめにする傾向があるので、原則として検索結果には一つだけを表示させると考えておいてください。

例えば、ある記事を自分のブログAにアップしたとします。その記事を別のブログBにもコピーして記事をアップしたとします。この時、検索結果に表示されるのは、ブログAかブログBかのどちらか一方だけ、あるいは、片方の順位を下げるというように処理します。

検索結果に重複コンテンツが表示されない理由

それは、同じコンテンツを検索結果(とくに上位)に表示させることに意味がないとGoogleが考えているからです。重複するコンテンツが、検索結果に近接して表示されていたとしたら、それはユーザーにとっても、適切な検索結果とはなりませんね。

だから、一方だけを検索結果に残すか、一方の順位を下げるということになるんです。オリジナリティがあり、かつバラエティ性のある検索結果を表示したいというのがGoogleの意向といったところです。

重複コンテンツはSEO上のペナルティとなるのか?

基本的には、重複コンテンツだからと言って、直ちにペナルティ扱いされるわけではありません。なぜかと言うと、重複コンテンツは、実は普通にあることだからです。これはGoogleもそう認めています。

例えば、時事ネタなどを思い浮かべてみるとわかりやすいと思うのですが、同じような文章はいろんなところで転用されたりしますよね。SNSによるシェアをすることでも重複する文やそのまとまりはどんどん増えていきます。

ですから、重複コンテンツが発生すること自体は、自然なことであるということです。

重複コンテンツはペナルティを受けると思っておいても良い

『どっちだよ!』と思いましたか?ごめんなさい。(笑)

しかし、場合によっては、重複コンテンツはSEOに悪影響を与える可能性があります。すなわち、ペナルティを受けることがありえます。どんな場合なのかと言うと、

  • 全てではなくても多くのテキストを大量に使い回している
  • 記事の転用で構成されていて、オリジナルのコンテンツや付加価値が存在しない

要するに、故意に重複コンテンツを生み出すことは、評価を下げたり、手動のペナルティを受けるといった可能性があります。

ですので、重複コンテンツを生み出しそうな懸念があれば、それは少し注意して様子を見てみるのと、意図的に重複コンテンツを生み出すことはしないということを覚えておいてください。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る