マーケティング

USPがなくてもUSPを作る方法

USP(Unique Selling Proposition)という言葉も大分知られるようになってきましたね。「独自の売り」という風に解釈されているわけですが、何でもかんでも独自性があれば、それがUSPになるのかというと、そんな簡単な話ではないように思います。

続きを読む

集客のアイディアを出す3つの方法

『どうやって集客したら良いのだろう?』『集客の仕方がわからない』これは誰しもが悩むことですよね。これがわかれば苦労はしませんから。

集客のアイディアですが、自分の頭の中でゼロから捻り出そうとしてはいませんか?実はそれはナンセンスなやり方です。集客のアイディアを出す方法は3つあります。

続きを読む

なぜ顧客教育をする必要があるのか

セールスをする前には、顧客教育をしておくことが必要です。
そうすれば、あなたの商品・サービスを買ってもらいやすくなるからです。

マーケティングにおいて、なぜ顧客教育をすることが必要なのか、それにはいくつかの理由があります。

続きを読む

マーケティングでは顧客の例外はターゲットの例外とは限らない

とある知人と打ち合わせをしていた時の話。

その日は、知人のビジネスの顧客も3人ほど同席しての打ち合わせでした。知人の顧客とも色々と話をさせていただきました。

私が、知人の顧客のある1人の人から話を聞いている時のこと。その顧客がクライアントの顧客になった経緯は、クライアントの広告を見て問い合わせをしたことがきっかけという話でした。

続きを読む

コピーライティングのこれ以上ないくらいシンプルな本質

セールスコピーライティングのスキルは、ネットやホームページの集客にもとても有効ですね。コピーライティングのスキルは奥が深く、テクニックやノウハウもたくさんのことが語られています。

セールスコピーは売るスキルだから、結果として売れたのであれば、それは正解と言えるし、どんなにテクニックを駆使しても、結果、売れなければそのコピーに価値はないというシビアなものです。

どれが正解と言うのは難しいですが、売れるコピーには共通してるものがあります。

この観点で、セールスレターを分析すると、超シンプルなコピーの本質が見えてきます。もちろん、ホームページにも使える本質です。

今回は、そんなセールスコピーライティングの超シンプルな本質をご紹介。ちょっと目から鱗かもしれませんよ。

続きを読む

123
ページ上部へ戻る