ブログに画像素材を使う時の著作権その他気をつけておくべきこと

ブログ記事に画像を使うことで、見た目にも注意を引かせることができますよね。幸い、ネットには多くの有料・無料の画像配布サイトがありますので、画像を調達するのは簡単です。

しかし、無料の画像と言っても、使わせてもらう時はいくつか気をつけておきたいことがあります。

当たり前だが無料画像にも著作権が存在する

ネットにある画像と言えども、それは誰かが撮影したり、作成しているものだということを忘れてはいけませんよね。そこには著作権が存在します。

ネット上にあるからといって、ルール無用の何でもござれで勝手に使って良いということではありませんので、注意しなければいけませんね。言わずもがな、そもそも配布されていない他人の画像は使ってはいけません。(まぁ常識ですね)

画像素材を使う時にチェックすべきいくつかのポイント

繰り返しになりますが、画像素材で配布しているような画像であっても著作権は存在します。ですので、画像の本来の持ち主に迷惑がかからないように配慮をしましょう。

画像を利用する際には、素材を配布してくれているサイトの利用規約を必ず読むようにしましょう。どのようなルールで画像を配布しているのかは、それぞれサイトにより異なります。

ここでは、比較的多くのサイトで目にするキーワードとその大まかな主旨をご紹介してみますね。

商用利用

商用利用という言葉の定義も様々で、曖昧な印象がありますが、広い意味で捉えれば、「営利目的で運営されているWebサイトは全て商用利用」と考えることができます。

判断に迷う時は、あらかじめ配布元に問合せをしておくと良いですね。個人利用(非商用利用)のみに使える画像という条件で配布されていることもあります。

クレジット表記

写真を使う時に、画像の制作者(配布元)の名前などの表記をする必要があるかどうか、ということですね。何を表記させるか、表記の仕方、などは、それぞれの配布元で確認しておきましょう。

バックリンク

配布元のサイトへあなたのサイトからリンクする必要があるかどうかということです。画像の配布元を明らかにする目的等、バックリンクを条件としている場合もあります。これも配布元のサイトのルールを確認しておきましょう。

再配布

再配布とは、画像を取得した人(あなた)が、他人に画像を配布するということです。例えば、(自分のものであるかのように)自分のサイトからダウンロードできるようにするなど。

基本的に再配布は禁止のことがほとんどだと思います。自分のブログ記事に使う分には関係ありませんね。

加工・改変

画像を加工したりしての使用に関してですね。自由に加工できる場合や、条件や制限付きで加工できる場合、加工は禁止など、それぞれの配布元でルールがあります。(どちらかというと、クリエイティブに使用する場合によく確認しておきたいことですね)

クリエイティブ・コモンズ(CC)

CCライセンスとはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。

クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのサイトにはこのように書かれています。クリエイティブ・コモンズは画像に限らず、色々な制作物に用いられています。

世界的に使われているライセンスで、海外の素材サイトなどではよく目にします。詳しい内容はオフィシャルサイトをご覧ください。

ロイヤリティフリー

主に有料画像に関することですが、ロイヤリティは、要は使用料のことですね。ロイヤリティフリーの場合は、継続的に使用料が発生するわけではなく、原則一度購入するだけの買い切りの画像ということです。

ブログの画像などにそのまま使うのであれば、問題になることはまずないと思いますが、利用範囲や条件などは各々の販売元で確認しましょう。

有料画像の良い所は、やはり質の高い画像であったり、使いやすい内容(イメージを合わせやすい写真)のものがたくさんあります。あとは、無料画像と比べると、他のサイトと写真が被りにくいということもあります。(笑)

毎回のブログ記事のために購入するのは、なかなかにハードルが高いですが、通常のホームページやLPなどで利用するような際には使いやすい画像を見つけられると思います。

商用利用OK、クレジット表記不要、バックリンク不要の画像配布サイト

さて、ネットで取得できる画像素材のチェックポイントについてお伝えしましたが、『商用利用OK、クレジット表記不要、バックリンク不要の無料画像はないの?』と思ったかもしれませんね。

これらのサイトは、商用利用OK、クレジット表記不要、バックリンク不要で利用が可能です。加工・改変についても自由度は高いようです。他にも探せばいくつか見つかると思いますよ。

とても気軽に使うことができるので重宝しますね。私もよく使わせていただいています。(必ずご自身でも規約等は確認してください、ご利用は自己責任で)

ブログにアイキャッチ画像は必須

特に今は、SNSで記事が拡散される時代ですので、画像付きで目を引かせることは外せないポイントですよね。

画像は文字よりも人の注意を引きます。タイムラインで埋もれてしまわないためにもできるだけアイキャッチ画像を使うようにしましょう。一手間多くなりますが、とても重要ですよ。

そして、無料で画像を使わせてもらう場合は、ルールやマナーを守って相手に迷惑のかからないように利用するようにしましょう。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る