ブログ記事はタイトルの付け方で命運が決まってしまう

ブログ記事のタイトルは非常に重要です。検索にしろSNSにしろ、まず目に飛び込んでくるのがタイトルだからです。タイトルで興味を引けなければクリックされませんよね。そして、クリックされなければ、記事を読まれることもありません。

だから、タイトルは内容と同じくらい重要です。第一印象が大切なのは、ブログも同じなのですね。ブログ記事のタイトルを考える時のチェックポイントは次の通りです。

つけてはいけないブログ記事のタイトル

つけていはいけないタイトルはどんなものかと言うと、漠然としていて曖昧なタイトルです。すなわち、興味を引きづらいタイトルということですね。

  • 事業計画について
  • ラーメンの話

他にもたくさんの記事のタイトルを、日頃目にしている状況で、このようなタイトルではなかなかクリックしてもらえないでしょう。

使いやすいブログ記事のタイトルパターン2つ

使いやすいタイトルの2つのパターンをご紹介します。

1つ目は、どんな内容なのか具体的に想像できるタイトルです。抽象的な表現よりも、具体的な方がイメージしてもらいやすいですね。

ここ3年で完食した人は3人だけ!むせて口に入れるのもままならない超激辛ラーメン店を発見!!

相当やばそうなラーメン店だと思いますよね(笑)。僕はラーメンが好きなので、迷わずクリックします。(キッパリ

2つ目は、それを読むことで何を得られるのかがわかるタイトルです。

起業してたった3ヶ月で軌道に乗せるための事業計画の書き方

記事を読めば、事業計画の書き方・ポイントがわかりそうですね。ということは、ブログを読んだ人は得なことを知ることができそうです。クリックしたくなりますね。

タイトルは時間をかけて考える

記事は書き終わった。ここでひと安心してしまう気持ちはよくわかるのですが、ここで終わってはいけません。一手間かけて、タイトルをしっかり考えるようにしましょう。

すぐに思いつかなければ、少し時間をとってでも考えるようにしてください。『良いタイトルが決まらなければ投稿しない!』くらいの気持ちでもいいかもしれません。それから、タイトルを考えてから記事を書くというのもおすすめの方法です。その方が内容もブレにくくなります。

自分が思わずクリックしてしまったタイトルを収集しておく

どんなタイトルがよいのかということに正解はありません。SNSでフォローするなど、日々ブログを目にする機会を作っておくことも大切です。そして、自分が良いと思った記事のタイトルをメモしておくなどしておくとよいでしょう。

よく使われるようなタイトルにもパターンや傾向があるので、収集したものの中から、その法則性を抜き出しておくと、ある程度、型にはめて考えることもできつようになります。

ブログ記事のタイトルの文字数について

短かすぎると魅力的なタイトルが作りにくいですし、長すぎると検索で表示された時に省略されてしまいます。

検索結果で、タイトルを省略させずに表示させたいのであれば、30文字以内にしておけばいいと思います。省略せずに表示される最大文字数は変更されることがありますが、30文字以内であれば、おそらく大丈夫でしょう。

ですので、タイトルは20文字〜30文字くらいが適切だと言えるでしょう。ただし、文字数はそれほど気にする必要はありません。興味を引けるタイトルなのかどうかを考える事の方が重要です。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る