集客のアイディアを出す3つの方法

『どうやって集客したら良いのだろう?』『集客の仕方がわからない』これは誰しもが悩むことですよね。これがわかれば苦労はしませんから。

集客のアイディアですが、自分の頭の中でゼロから捻り出そうとしてはいませんか?実はそれはナンセンスなやり方です。集客のアイディアを出す方法は3つあります。

集客のアイディアの出し方 レベル1:
競合の真似をする

これは最もやりやすい集客の方法です。悪い言い方をすれば、誰でもできる方法です。真似をするわけですから。あっちがやったら、こっちも同じことを始めた、なんてのは、よく見かけますね。

競合と差をつけるというよりは、置いてけぼりを喰らわないという点では、必要な施策と考えることもできます。ですが、やはりイタチごっこになってしまいますね。

真正面から競合と張り合うというのは、どうしても価格競争や体力勝負になってしまいます。できるだけそこからは抜け出すための方法を考えていかなければいけませんね。

集客のアイディアの出し方 レベル2:
お客さんに聞いてみる

当たり前のようでいて、意外とできていなかったりするのが、お客さんに聞いてみるという方法です。ついつい売り手側の立場から物を見てしまいがちです。

お客さんにアイディアそのものを出してもらうことは難しくても、何気ない言葉の中に新しいアイディアの種が見つかることがあります。

お客さんから聞くためには、普段からお客さんとなるべくコミュニケーションをとっておく必要があります。気兼ねなく聞けるような関係作りをしておくことが重要ですね。

実際にやってみると、「お客さんのことをわかっているようでわかっていなかった」と感じることもあると思います。もし、お客さんに聞ける関係性がないと思うのであれば、まず、お客さんとの関係性を見直すというのも必要です。

しかし、良い商品・サービスを提供しているのであれば、どこかに満足してくれているお客さんはいるはずです。よく考えてみてくださいね。

集客のアイディアの出し方 レベル3:
他業種のやり方を真似る

これは正に応用編といった方法ですが、非常にインパクトのある集客のアイディアを見つけることができる可能性を秘めています。しかも、同業から見ても、なぜそのようなことをしている(できる)のかが、すぐには理解できません。

ですので、大きなブレークスルーになったり、一気に評判になるということも起こりえることです。場合によっては、市場で独自の地位を築くこともできることもあるでしょう。

例えば、食品に対して、『おいしくなかったら返金』という方法を打ち出しているところがありましたね。食品を売るという業界から考えると、とてもインパクトがあります。

ですが、返金保証自体は、違う業界を見てみれば、普通にやっていることですよね。例えば、通販は返金保証は当たり前の業界です。そして、それでビジネスは成り立っています。

業界や業種の常識にとらわれてしまうのも、言ってみれば普通のことですから、簡単に思いつくことではないでしょう。『うちのビジネスではできないよ』というやつですね。

みんながそう思うからこそ、そこにチャンスがあります。他業種からアイディアを見つけて取り入れることができれば、文字通り抜きん出ることができます。非常に強力な方法です。

アイディアは煮詰める前にテストを始める

集客のアイディアが出てきたとして、それを戦略として取り入れる前には、小さなテストをしてみた方が良いでしょう。

なぜなら、自分がどんなに良いと思っている方法であったとしても、それがうまくいくかどうかはやってみなければわからないからです。データを取ってブラッシュアップしていくというのが、アイディアを試す時の正しいやり方ですね。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る