Googleアナリティクス初心者のための活用方法

Googleアナリティクスは非常に高機能です。色々な情報を見ることができます。これが初心者の方にとっては、逆にとっつきにくい理由にもなっています。そこで、まずはGoogleアナリティクスでどんなデータが読めるのかを大まかに理解しておきましょう。

Googleアナリティクスは大きく分けて、

  • ユーザー
  • 集客
  • 行動
  • コンバージョン

とセクションがあります。それぞれを解説していきます。

[ユーザー]セクション

アクセスしてきたユーザーに関する属性や情報が見れます。

  • 新規ユーザーかリピートか
  • PCかスマホかタブレットか
  • OSやブラウザは何か
  • どこの国・地域からのアクセスか

などなど。他にもユーザーの属性などが見れます。

[集客]セクション

サイトにアクセスしてきた経路などがわかります。

  • どこかのサイトのリンクを辿ってきたのか
  • 何のソーシャルメディアからきたのか
  • 検索エンジンからの流入状況
  • 広告からの流入状況

などです。
ちなみに、Googleアナリティクスは、Googleサーチコンソールと連携することで、[検索クエリ]([オーガニック検索]とは別)を見ることができるようになるので、リンクしておきましょう。リンクはクリックするだけの簡単連携です。

[行動]セクション

サイト内でのユーザーの動きがわかります。

  • ページごとのアクセス状況
  • ランディングページ(サイトに入ってきたページ)
  • 離脱したページ
  • 行動フロー(ページ遷移の状況)

などです。

[コンバージョン]セクション

設定した目標の達成具合などを知ることができます。コンバージョンとなる「目標」は、あらかじめ設定をしておく必要があります。

例えば、サイトからの問合せを目標とするならば、フォーム送信した数をカウントするなど。目標の設定は、任意で作ります。複数作ることもできます。

[リアルタイム]セクション

リアルタイムでのアクセス解析が可能です。つまり、アクセス解析を見ているその時に、サイトにアクセスしている人がいれば、表示されます。

あまり気にする必要のないセクションです。リアルタイムのアクセス動向を見る必要がある場面はそれほどありませんね。

まずは [サマリー]から確認してみよう

まずは、それぞれのセクションの [サマリー] から確認してみましょう。[サマリー] を見てみると、各セクションでどんな指標が見れるのかが、大体わかってきます。Googleアナリティクスは非常に高機能なので、全てを理解する必要はありません。

目的は、自分のサイトの状況を確認して、今後のヒントを得ることです。色々とクリックしてみましょう。使っていく中で知りたいことが出てきたら、詳しく見てみるというやり方でOKです。

コメント

コメントを残す

*

ページ上部へ戻る